着まわしのきくボリュームスカートのコーディネートについて

着まわしのきくボリュームスカートのコーディネートについて

2016.9.12

ボリュームスカートとは、その名の通り裾が正円形に広がるもので、別名サーキュラースカートも呼ばれます。通常のフレアスカートは、作る際に布生地を四角形に切り取って繋げます。しかし、サーキュラーなどのスカートは、生地を円形に切り取って真ん中をくり抜いてから、ギャザーを寄せて作りますそこで、今回はボリューム感のあるスカートの選び方を紹介していきます。

こんな内容

1枚で着まわしのきくスカートの選び方

 (4205)

ボリュームスカートは、その丈や色、柄によってかなり印象が異なります。裾の動きが大きくなるので、自分のなりたいイメージに沿って選びましょう。元気な印象をアピールしたい時は、ミニ丈のものがおすすめです。また、一番無難なのが膝に少しかかるほどの長さです。ボリュームの出るスカートは、それだけで存在感がありますから、派手な柄や過度な短さはあまりおすすめしません。どんなトップスにも合う、着まわしのきくもので選ぶなら黒、もしくは裾のみボーダーが入った膝丈のサーキュラースカートがぴったりです。

種類豊富なボリュームスカートをご紹介

 (4218)

サーキュラーをはじめとしたスカートには、たくさんのカラーやレングスバリエーションがあります。1枚目は無難に黒を、そして2枚目を選ぶ時におすすめのデザインについて紹介します。まず、黒とグリーンのチェック柄(膝丈)です。この色合いは落ち着いた印象を与えてくれるため、可愛くなりすぎない大人のコーデに仕上げてくれます。次に、こちらも膝丈のベージュスカートです。オンオフどちらでも着られるのが魅力的で、持っていて損は無いでしょう。まだまだたくさんの種類がありますが、自分のなりたいイメージで選んでいきましょう。

ボリュームスカートを着る際のポイント

 (4234)

着まわし力抜群のボリュームスカートですが、シルエットを生かしてコーデを作る際にはポイントがあります。まず、トップスにはタイトなものを合わせましょう。inすることによって、ウエストの細さを強調できます。逆にトップスにもボリュームがあるとバランスが悪いので、ドルマンスリーブなどは避けましょう。次に靴選びです。膝上丈のものは、足元が不安定になりがちです。そのため、ゴツイシューズに色味の強い靴下でバランスを取りましょう。逆に膝下丈のものは、シンプルなパンプス等で、華奢な足首を強調させると良いです。

着まわしのきくボリュームスカートのコーディネート

 (4245)

ボリュームスカートは上手に選べば着まわしのきく優秀なアイテムです。裾や色、柄によって印象がガラリと変わるので注意しましょう。また、トップスはタイトにまとめ、足下にも気を配るとよりいっそう良いでしょう。
12 件
全文を読む

この記事を書いた人:レッドクリフ

レッドクリフ

この記事のキーワード