定番ファッションマリンコーデに差をつけるならこれをチョイス

定番ファッションマリンコーデに差をつけるならこれをチョイス

2016.9.2

さわやかな夏の装いといったらマリンですが、ありきたりのものを選ぶばかりではほかの女性と差が付きません。磯の香りをイメージするような装いこそがマリンコーデです。昔はセーラーカラーなども人気がありました。碇のワンポイントなどもマリンらしさを感じさせます。一般的にはマリンといったら白を基調としたボーダーが主流です。さわやかなその装いはデートにも最適です。それでは一味違った装いを考えてみましょう。

こんな内容

マリンコーデは「白×ネイビー」

 (3866)

マリンコーデの定番といったら「白・ネイビー・ボーダー・カットソー」です。マリンにチャレンジしたいけど、何を選んだらいいかわからないという人は白・ネイビーのボーダーのカットソーをとりあえず選びましょう。それだけだとただのナチュラル系になってしまします。足元にさわやかなものや涼しげなものを選んで一工夫すると一味違ったコーデになります。白いスニーカーは涼しげなイメージがありお勧めです。ローファーやデッキシューズもさわやかでいいでしょう。羽織ものは白のシャツを。ビタミンカラーやパステルカラーと取り入れてしまうとマリンっぽくなりません。

ボトムはガウチョパンツやクロップドパンツを

 (3873)

ボトムには今年流行のガウチョパンツを取り入れましょう。ミモレ丈なら体系カバーもできます。ボーダーカットソーをトップスに持ってくると、重くなってしまいます。ここではプリントTシャツを持ってきて引き締めましょう。サイズはジャストサイズを。白ガウチョにはTシャツのネイビー合わせます。羽織物には麻素材のものを。涼しげな印象になります。クロップドパンツも流行を気にしないで履けます。ネイビーや白のクロップドパンツにはボーダーカットソーを合わせます。お尻などが気になる場合はチュニック丈のトップスを合わせます。ボーダーペンシルスカートを持ってきてもトレンド感が出ます。

ボーダーの素材にも一工夫しましょう。

 (3878)

ボーダーカットソーの定番の色や素材に飽きたら配色にこだわったり、綿以外のシフォンなどを選ぶとよいでしょう。またボーダーワンピースも可愛いですが重くなりがちですので、麻素材を選ぶと軽く涼しげに見えます。最後に小物にもボーダーを取り入れてみましょう。バッグや足元にボーダーを持ってくるとマリンコーデがさりげなく楽しめます。普通のコーデでは抵抗ある人にはぴったりです。ただし、例えばドット柄の服にボーダーなどを持ってくると柄同志はけんかしてしまうこともあるので気を付けます。それさえ注意すればボーダーバッグは活躍間違いなしです。

定番ファッションマリンコーデに差をつけるならこれ

 (3886)

マリンコーデは定番ですが流行のガウチョパンツを合わせると新しい感じが出ます。ボーダーの素材や配色にこだわることで一味違ったマリンコーデができます。また小物のもボーダーを取り入れることで手軽にマリンコーデが楽しめます。
12 件
全文を読む

この記事を書いた人:まめっこ

まめっこ