疲労回復にしっかり効く!良質な睡眠をとるためには?

疲労回復にしっかり効く!良質な睡眠をとるためには?

2016.10.22

ゆっくり寝たはずなのになんだか身体が怠くて重たく、頭もぼんやりする・・・なんてこと、ありませんか?朝から憂鬱な気分なのに仕事に行かなきゃならないなんて辛いですよね。実は疲労回復は睡眠時間とは関係ないのです。疲労回復に効果的なのは「質の良い睡眠」です。「質の良い睡眠」をとるにはどうすれば良いのでしょう?

こんな内容

ゆっくり寝たのに疲れが取れない

ゆっくり寝たはずなのに疲れが取れていない、なんてことはありませんか?起きた瞬間からもう疲れているなんて、一日の始まりから憂鬱な気分になるものです。

疲れが取れない原因は睡眠の質にあります。良い睡眠を取らなければいくら寝ても疲れは取れず、逆に疲れが倍増してしまうこともあるのです。
では、質の良い睡眠を取るにはどうすれば良いのでしょう?
体がだるい原因は?疲労回復ストレッチと体質改善方法 | ひなみのダイエットは明日から (5489)

大事な睡眠の質を悪くする原因は?

睡眠の質の良し悪しのキーとなるのは、眠る前の行動です。
例えば、お酒を飲むと眠りやすくなるとされていますが浅い眠りになってしまうため、飲酒は質の悪い睡眠の原因です。

スマホやパソコンなどから出る青白い光(ブルーライト)は身体のリズムを狂わせると言われていて、眠る前に画面を見ると不眠症に繋がることもあるそうです。

また胃に食べ物が残ったまま眠ると、消化活動にエネルギーを使ってしまい疲れが残ってしまいます。
髪が早く伸びる人は要注意! 夜更かしはあなたをどんどん老化させる - ライブドアニュース (5490)

疲れを取る良質な睡眠ってどんな睡眠?

良質な睡眠とは、専門用語で「ノンレム睡眠」と呼ばれるものです。
多少の物音には気付かないくらいの深い眠りで、脳も身体もしっかりと休んでいる状態の睡眠です。

ノンレム睡眠の最中には成長ホルモンの分泌が最も多く、そのため、新陳代謝を高めたり免疫力を強化したりするそうです。
疲労回復だけでなく、お肌にも良さそうですね。

眠りのための環境を整えるには?

良質な睡眠をとるためには、眠るための良い環境を整えることが大切です。
眠る2~3時間前から部屋の明かりは暗めしておきましょう。
もちろんスマホなどはNGです。

安眠に効果があるとされているエッセンシャルオイルを炊くのもおすすめです。
ラベンダーやオレンジスイートが良いですよ。
専用のアロマポットを用意しなくても、マグカップにお湯を入れてそこへオイルを数滴垂らして近くに置いておけば、十分効果を得ることができます。

しっかり眠れるように身体の準備をする

一日中デスクワークや立ち仕事をしていると、筋肉はこわばり血流が悪くなってしまいます。
眠る前にストレッチをして身体をほぐしておくと血流が改善し、疲労物質が抜けやすくなります。

身体だけでなく、目の周りのツボを押したりするのも効果的です。

また、お腹がすいて寝付きにくい時にはヨーグルトがおすすめです。
ヨーグルトに含まれるトリプトファンという成分が、質の良い睡眠をとるのに必要なセロトニンを生成してくれるそうです。

にんまり。 . . #champion #CPFU #ストレッチ #にんまり

A photo posted by DJ YURiA (@djyuria) on

いかがでしょうか?
とても簡単な方法で、質の良い睡眠をとることがでそうですよね。
疲れを放っておくと、体調不良になるだけでなく、うつなどの病気まで引き起こしてしまいます。

良質な睡眠をとるための工夫、さっそく今晩から実践してみてくださいね。
16 件
全文を読む

この記事を書いた人:iemon

iemon

この記事のキーワード

Popular人気のキーワード