ボロボロになる前に!ネイルを一回お休みしたいときの断り方・伝え方

ボロボロになる前に!ネイルを一回お休みしたいときの断り方・伝え方

2016.10.25

こんな内容

ネイルをずっと続けていると、ときどき爪を休ませたいときがありませんか?しかし、実際にネイルサロンへ行くと、なかなか勇気がでず…。今回は、ネイルを一回お休みしたいときの断り方・伝え方をご紹介いたします。

そろそろ休ませたい…。

 (515037)

【イットネイル】ジェルネイルは可愛いし、ずっとつけていたいけど、たまにはお休みをしないと、いくらなんでも爪がボロボロになってきてしまいます。

特に元々爪が弱ければ、たった数か月でも黄色く変色したり、薄くなったりと、爪トラブルに巻き込まれる可能性も0ではありません。

これからも長くネイルを楽しみ続けるためには、お休み期間も大切。でもネイリストさんを目の前にすると、なかなか断れずにいませんか?

そこで今回は、ネイルを一回お休みしたいときの断り方・伝え方をご紹介いたします。

次の予約は?と聞かれたら…

 (515040)

ネイルやお手入れが一通り終わる頃になるとネイリストさんから「次の予約はどうされますか?」と聞かれるでしょう。そのときこそ、まさにチャンス!

しばらくネイルを休むにしても、一度オフしなければいけませんから、とりあえず希望日時を伝え、その流れで「今回はオフだけでお願いします」「爪をしばらく休めたくて」と伝えれば、ネイリストさんもそこまで不安な顔はしないでしょう。

ネイリストさんも「爪をお休みしたい」と言われれば、それ以上は無理に施術を求めてきません。むしろ、ネイルをお休みしたいと言っているお客様に対して何が何でもと押し売りをしてくるなら、他のネイルサロンへ変えるべき!

「次の予約は?」と聞かれたら迷わず「今度はオフだけでお願いします」と宣言しましょう。

電話であとから変更をお願いする

 (515043)

今度はオフだけにすると心の中で決めていても、ネイリストさんの優しい笑顔をみると、なかなか思っていることを口にできない方もいらっしゃるでしょう。結局、いつもと変わらないメニューを予約してきて、自宅に帰った瞬間に後悔しているのでは?

とはいえ、これ以上、爪を傷つけないためには、お休み期間を設けるべき。
直接会うと場の空気に流されやすくなってしまうなら、せめて早めに連絡をしてメニューの変更を伝えましょう。

「次回はオフだけで」とお願いすれば、ネイリストさんなら「しばらくお休みしたいのかな?」と薄々気づくはずです。

会話の中で話題を切りだす

 (515046)

自然な流れで爪をお休みしたいと伝えるためには、会話の中で話題にだしていきましょう。
たとえば「今年のネイルって○○柄が流行るんですね~」ときっかけをつくれば、しばらくは、ネイルについての話が続いていきます。

その中で「実は最近、ボロボロになってきちゃって…しばらくお休みしようと思っているんです」と明るく伝えれば、次回の予約をするときもネイリストさんから「しばらくお休みされるんでしたよね、オフだけにしますか?」と声をかけてもらえる可能性が高くなります。

かしこまった雰囲気で伝えたくないなら、コミュニケーションをとっている中でさりげなく伝えるテクニックを身につけましょう。


ネイルをお休みすることは決して悪いことではありません。

ネイリストさんに嫌われたら…と思う必要もないのです。なによりも優先すべきは自分の爪の健康。ボロボロになる前にお休みに入れるように、ネイリストさんには早めに伝えておきましょう!

元のページを表示 ≫

関連する記事

1 件
全文を読む

この記事を書いた人:itnail

itnail

Popular人気のキーワード