スリーサイズの測り方をしっかり確認しておくのが理想的です

スリーサイズの測り方をしっかり確認しておくのが理想的です

2016.9.8

和製英語であるスリーサイズ、これは女性の場合はバスト、そして男性の場合はチェストと、ウエストとヒップの3つの部分の寸法のことを言います。国によって平均は異なってきます。数字だけにこだわるのではなく、バランスがとても重要です。スリーサイズの測り方は、バストの場合は下着着用で胸のトップ部分を測る形になります。このように場所により測り方が決まっています。

こんな内容

このような測り方が理想的と言えます

 (3568)

では、順を追ってみていきます。先ほど登場したバストは胸のトップ部分です。そして、ウエスト部分はお腹の一番くびれている位置で測るか、ゆったりと手を下した時に肘のところの位置が理想と言われています。最後のヒップは一番高い位置の周囲を測るのが普通です。この位置を一度自分で測ってみるとよいです。今まできちんとした測り方を知らなかった人が、この形で測ると意外な数字になることもありますが、この数字がその人の基本情報になってきます。その上で、着る服等もあわせて購入していくのが良いでしょう。

スリーサイズはあくまで目安です

 (3574)

きちんと測った上で、自分のスリーサイズを把握しておくことはとても重要です。ただし、このサイズばかりを気にしすぎて、無理なダイエットを試みるのは避けたいところです。特に若い世代は過激なダイエットをするのは、色々なデメリットを引き起こすことにつながってしまいます。いろいろな病気になってしまう可能性がでてきます。仮にダイエットを行って理想通りのスタイルにしたいなら、食事制限ではなくて身体をしっかり動かすことが大切です。身体をしっかり動かして筋肉を鍛え健康的に痩せることが大切なのです。

男性からみた理想的なくびれについて

 (3579)

今までサイズについて記載してきましたが、男性側からみる理想的な女性のくびれというものがあります。これは、ウエストとヒップの比率が7対10です。こういった数字が浮かび上がっています。これは、痩せていても太っていたとしても、ウエストが7に対して、ヒップは10という割合です。これが男性側からみるとバランスの取れている、くびれということになります。もちろん、これはあくまで男性目線ですので、このくびれを求めて女性が無理なダイエットをしていくことはさけたいところです。その人にあった体型というものがあるからです。

スリーサイズの測り方を確認しておくのが理想的

 (3591)

知っているようで知られていないのがスリーサイズの測り方です。正しい測り方を覚えておき、定期的にスリーサイズを測っておきます。そのサイズを参考として、理想的な体型を保つ努力をするのは良いですが、過剰なダイエットはさけるべきです。
12 件
全文を読む

この記事を書いた人:まめっこ

まめっこ

この記事のキーワード

Popular人気のキーワード