『東京モーターショー2017』で一際注目を浴びていたコンセプトカーと美人コンパニオンを紹介!

『東京モーターショー2017』で一際注目を浴びていたコンセプトカーと美人コンパニオンを紹介!

2017.10.30

2017年10月28日(土)〜11月5日(日)まで東京ビッグサイトで開催されている『第45回東京モーターショー2017』は国内外の自動車メーカーが参加する世界5大モーターショーの一つで、世界中のメディアが注目しているイベントです。 各自動車メーカーの最先端技術を盛り込んだコンセプトカーや最新の自動車を見て触れることができる『東京モーターショー2017』の魅力を紹介していきます!

こんな内容

東京モータショーとは

 (23541)

1954年から日本で行われている世界最大級の自動車展示会で、2005年からは2年に一度開催されています。
国内外の自動車メーカーが誇る最先端技術を結集したコンセプトカーや新型車を展示しており、来場者は見るだけでなく、実際に乗って体感することが出来ます。
また、車だけでなくイベントを彩る容姿端麗なコンパニオンにも注目が集まっており、カメコ(カメラ小僧)にも人気なイベントとなっています。

注目を集めたコンセプトカー

東京モーターショーに出店されていた数あるコンセプトカーの中でも注目を浴びていた車をご紹介します。
 (23514)

 (23539)

 (23515)

ヤマハ『CROSS HUB CONCEPT』
様々な商材を持つヤマハだからこそ実現できたコンセプトカー。
2輪ではなく4輪のSUVモデルで、コンパクトな車体にバイクを2台積むことができ、座席は前列1席、二列目に2席、後列1席というダイヤモンドレイアウトになっています。
まさに“ヤマハらしさ”が詰まったデザインコンセプトカー。
 (23540)

 (23516)

 (23517)

イケヤフォーミュラ『IF-02RDS』
小さい出展ブースながらも一際目を引いた、宇都宮ナンバーを付けた真っ赤なスポーツカー「IF-02RDS」。
制作したのは自動車メーカーではなく、栃木県鹿沼市にある従業員数25人の自動車パーツ会社のイケヤフォーミュラ。
誇らしげに付けられていた“宇都宮ナンバー”は東京モーターショーの直前に取得し、「モータースポーツの世界から、路上へ」をコンセプトにハンドメイドした世界に一台だけの国産スポーツカー。

会場を彩る美人コンパニオン

東京モーターショーといえば車だけでなく、容姿端麗なコンパニオンにも注目が集まります。
中には車を撮らずにコンパニオンだけを撮りに来る人もいるほどです。
そんな会場を彩るコンパニオンの中でも沢山の人を釘付けにした美人コンパニオンをご紹介します。
 (23521)

 (23518)

 (23520)

マツダ
グレーのタイトなワンピースを身にまとった「マツダブース」の美人コンパニオン。
男性のみならず女性でも二度見してしまうような美人なお姉さんが揃っていました。
テーマは「日本の美」。シンプルかつスッとした雰囲気に日本らしさを感じられる素敵なコンパニオンでした。
 (23523)

 (23522)

 (23524)

ポルシェ
スタイリッシュでカッコいい美女が目立ったポルシェブース。
スラッとした長身のスタイル抜群美女が、キリッとした表情で優美なポルシェに華を添えており、ポルシェブースを通った方は美女の視線に釘付けになっていました。

どんな人も楽しめる東京モーターショー

 (23542)

「東京モーターショー」は車好きの方だけでなく、家族や恋人、一人でも楽しめるイベントです。
各メーカーの最先端技術を目の前で見て感じることができ、日本の技術が未来へ一歩導いてくれます。
今回、沢山のコンセプトカーに触れ、未来の車ではなく近い将来、実現できる物だと感じました。
東京モーターショーは10月28日(土)〜11月5日(日)の約1週間開催されているので、平日休みの方や終末の予定が空いている方は是非行ってみてはいかがでしょうか。

上記で紹介しきれなかったコンセプトカーや美人コンパニオンは『Photo Gallery』でご覧ください。

Photo Gallery

 (23544)

 (23525)

 (23530)

 (23528)

 (23527)

 (23529)

 (23531)

 (23532)

 (23533)

 (23534)

 (23535)

 (23536)

 (23537)

42 件
全文を読む

この記事を書いた人:≠REPROFILE編集部

≠REPROFILE編集部