ダウンジャケットの定番のブランドをまとめてみました

ダウンジャケットの定番のブランドをまとめてみました

2016.9.22

冬のファッションには欠かす事のできないダウンジャケットです。その中でもダウンジャケットの定番ブランドを抑えておきたいですね。人気のブランド、流行になっているダウンジャケットではなく、流行にも左右されることなく定番で着ることのできるダウンジャケットをしっかりと押さえておきたいですね。毎年安定した人気のあるダウンジャケットを調べてみたいと思います。

こんな内容

コーディガンを上手に着こなすポイント

 (1414)

ボリュームがあるコーディガンは全体的に体がふっくら見えてしまう傾向にあるので、インナーのトップとボトムを統一感のあるシンプルな色にすると、スタイルがより引き締まって着こなしが上手く行きます。ワイドパンツと合わせたい時は丈の短いトップスを選ぶと、全体的にバランスが良くみえるので、コーディガンでふっくらしても引き締まって見えます。かわいらしくも大人っぽくも演出できるコーディガンなので上手くファッションに取り入れながら、このアイテムを利用してほしいですね。また今後の定番になるので一枚あるととても便利です。

秋らしく素肌感を出して足元を見せる

 (1420)

コーディガンは秋らしい雰囲気のあるアイテムです。ゆったりとした雰囲気を出すためにも、インナーや小物には工夫が必要となります。インナーにはできるだけタイトかパンツ、または丈の短いアイテムが必須となります。またなるべく素肌がみえる、パンプスをはくとコーディネイトが上手くできます。更に上級はクラッチバッグを持つ事が大人のコーディネイトへと進みます。またベルトでアクセントを付けるとさらに引き締まってみえるので、コーディガンのゆったりした雰囲気がなくなり、上手くコーディネイトができます。

あえてベルトをONにしてみるのはどうでしょうか

 (1427)

コーディガンはボリュームが魅力であるので、ふわりとした雰囲気を残すのもとても大切です。それでもどこか引き締めないとバランスが気になってしまうという方にはベルトをあえて上からするのもお勧めです。引き締める効果にはベルトは一番効果があります。このときベルトは太いものより細いもののほうが良いかと思います。ベルトをするコーディガンは、形がしっかりしたウール生地の素材がお勧めです。ベルトをするのはコーディネイトに勇気が要りますが、他の人と差をつけるためにも是非チャレンジしてほしいです。

どこで引き締めるのかが大切です。

 (1434)

コーディガンのコーディネイトはどこで引き締めるかがとても重要になってきます。自分が好きなコーディネイトの中でコーディガンを取り入れたときにどのように見せたいかを考えて、是非色々なアイテムを使って引き締めて欲しいです。
12 件
全文を読む

この記事を書いた人:レッドクリフ

レッドクリフ

Popular人気のキーワード