ラップスカートで、「大人女子」に、定番コーデを卒業しちゃおう

ラップスカートで、「大人女子」に、定番コーデを卒業しちゃおう

2016.10.4

秋コーデに「大人女子」を、意識したラップスカート(巻きスカート)見た目もスタイリッシュから、ガーリースタイルまで幅広くコーデを楽しめちゃいます。普段パンツ主義という方にでも抵抗なく、取り入れられます。普段とは違う自分をラップスカートで、彩ってみませんか?

こんな内容

大人ぽいね!なんて言われてみたい。

 (7871)

久々に会う友達に、「あれ?細くなった」なんて、言われてみたい。ウィンドウに映る自分を見た時、シルエットが綺麗に見える。腰から足のラインを美しく見せたい。いつもよりちょっと大人な自分になりたい。この秋に流行りを先取りしたラップスカートを着て、見た目がスラッとして見えるコーデをご紹介します

大人女子+小悪魔も両方できてしまう

 (7883)

クルーネックニット(丸首)の白のトップスと上品で、柔らかいピーチスキンの黒のタイトなラップスカート、スリッポンの黒のローファーで、ファーのハンドバックを取り入れるとぐっと秋らしくなりますね。大人女子と小悪魔を一緒に表現できる。モノトーンを意識したコーデなので、場所を選ばないのが良いですね!

普段パンツスタイルの方はイメージしやすいコーデ

 (7889)

襟抜きシャツで首筋のラインが美しく見え、ストライプのシャツと赤のラップスカートで普段パンツスタイルの方でも抵抗なく着こなせます。トップスを変えるだけでどちらにも着まわせるのも嬉しいですね。タイトなラップスカートを合わせると、腰のラインが美しく女性らしく上品な印象になるコーデです。

ラップスカートミニ丈で、美脚効果UP!

 (7892)

ミニ丈ラップスカートは足がすらっと美脚効果があります。カジュアルコーデが好きな人にはカーキー色のミニ丈ラップスカート、黒のタートルネック、黒タイツとスニーカーを合わせ、トップスにジャケットを持ってくるとコーデが簡単になりますね。甘くなりすぎず、シンプルに着こなせる色合いもラップスカートがあると普段のコーデに取り入れやすいですね!

パンツスタイル?ラップスカートなんです。

 (7895)

ハカマパンツような見た目ですが、ラップスカートなんです。足首まで隠れるほどマスタード色ロング丈ラップスカート。トップスにボーダーとグレーのカーディガン。秋ならではの色あいのスカートに取り入れやすいトップスの組み合わせ、髪形も編み込みなどまとめ髪も大人女子のイメージに合います。自分好みのラップスカートで秋コーデを楽しみましょう!
ミニ丈、ロング丈と、シチュエーションに合わせて選べるラップスカート、ガウチョパンツよりも女子っぽく仕上げたいときに、ぜひ取り入れてみて下さい。これからの季節は、ニットとも相性抜群です。カジュアルにも、ビジネスにも生かせるボトムスとして活躍すること間違いなしです。
16 件
全文を読む

この記事を書いた人:マリー

マリー

Popular人気のキーワード