見た目で大きく左右される就活〜女性らしい髪型で差をつけよう

見た目で大きく左右される就活〜女性らしい髪型で差をつけよう

2016.9.3

どんなに面接でいい内容を話しているとしても、身だしなみが整っていないとそれだけで悪い印象を与えてしまうこともあります。逆に言えば、身だしなみが整っていれば、それだけで就活にプラスの影響を与えられます。そして次に問題となるのが、ヘアスタイルです。就活における女性の髪型は、アレンジ次第でさまざまな印象が与えられます。では、どのようなアレンジがいいのでしょうか。

こんな内容

しっかりとした印象を与えたいならまとめ髪

 (3735)

長い髪の方であれば、しっかりとした印象を与えるために、まとめ髪とするのも1つの手です。後ろできちんとまとめることで、髪型と同じようにしっかりとした方だという印象が与えられます。まとめ髪をするときのポイントは、後ろ毛を出さないようにすることです。キレイにまとめたつもりでも、後ろ毛があると目立ってしまうので注意が必要です。キレイにまとめるためには、ヘアウォーターを活用することで、短時間でまとめやすくなります。まとめ髪をするときにヘアアクセサリーをつけたい場合には、控えめなものをつけましょう。

一緒に働きたいと思わせる髪型とは

 (3750)

就活性に求められているのは、一緒に働きたいと思える人材です。そう思われるようにするためには、清潔感や真面目感も大切な要素です。その清潔感や真面目感を演出できるヘアスタイルの1つに、ストレート内巻きボブが挙げられます。内巻きボブの中で個性を演出したい方は、あえて前髪パッツンスタイルで勝負する方法もあります。前髪パッツンスタイルは、埋もれない個性の演出となります。また前髪をまゆ毛の上で揃えるなど、前髪の位置次第で内巻きボブが与える印象には変化が生まれます。顔立ちが大人っぽい方は、前髪をまゆ毛の上で揃えることで、若さの演出に繋がります。

働きたい職種に髪型も合わせよう

 (3765)

サポート系の職種につきたいという方、あえて控えめヘアで勝負する手もあります。例えば程よい長さのミディアムヘアに、斜めの前髪で控えめでありながら確実に仕事をこなしそうな雰囲気の演出が可能です。このようなヘアスタイルの時は、スカートスーツで、イメージに合った身だしなみとなります。一方でパンツスーツの方は、ショートヘアとするのも選択肢の1つです。ショートヘアの女性は数が少ないため、面接官の印象に残りやすいのが特徴です。それだけではなく、軽快でさっぱりとしたイメージは、戦力になるとアピールすることにも繋がります。またショートヘアならば、セットが楽なのもポイントです。

見た目で大きく左右される就活〜女性らしい髪型

 (3769)

女性の就活では、髪型の問題も大切です。まとめ髪でしっかりとした印象を与えたり、内巻きボブで清潔感をアピールできます。また控えめなミディアムヘアで、サポート系の職種に向いている印象を与えるなど、髪型次第で面接官の印象も異なってきます。
12 件
全文を読む

この記事を書いた人:まめっこ

まめっこ