CHARI&CO(チャリアンドコー)が2017 FALL COLLECTIONを公開

CHARI&CO(チャリアンドコー)が2017 FALL COLLECTIONを公開

2017.8.7

日本人によるNY発の自転車アパレルブランド『CHARI&CO』の『2017 FALL COLLECTION』ビデオ、ビジュアルが公開されました。

こんな内容

CHARI&COについて

 (22640)

前回の記事でも紹介したCHARI&COは2008年にNYのダウンタウンに位置するLowerEastSideに小さな自転車屋としてオープン。
サービスの質が良い自転車屋が少ないNYで日本人にしかできない丁寧なサービスやセレクトを心掛けていた。
オープン当初は自転車の部品がメインだったが、ある日、常連のお客さんと話している際に、「STEVEN ALAN」のスタッフだと知り、意気投合し一緒にシャツを作ることとなった。
2009年にシャツが販売されるとHYPEBEASTで取り上げられ、話題になりキャップやTシャツなども展開するようになった。

『CHARI&CO』についてはこちらの記事をご覧ください。

CHARI&CO代表 Yuki Goto

 (22643)

Yuki Goto
兵庫県出身
旅行で訪れたNYに惹かれ、2002年11月11日に渡米。
自転車でどれだけ走ってもNYの街中は、どこか汚く、でも美しい風景が変わって行くのに魅了された。
スニーカーのバイヤーを経て、2008年にバイクブティックとして「CHARI&CO」をオープン。
その後レーシングチームも作り、現在もマネージメントを行う。

「CHARI&CO」代表Yuki Gotoさんのインタビューはこちら。

2017 FALL COLLECTION『CHARI&COとは』

CHARI&CO 17 FALL LOOK VIDEO CAMPAIGN

CHARI&COとは、、

ニューヨーク、ローワーイーストサイドの自転車屋CHARI&COは、レースライダーだけではなく、アーティストやスケーターも集う自由な空気でコアなメンバーが集まる。
昔はストリートカルチャーが好きな人が集える場所があったが、今は少ない。
お店にはバックヤードがあり、ライダー、アーティスト、スケーターや近くのお店で働く人たちが誰でも気軽にくつろげる。
そこから生まれることがCHARI&COそのものである。

Photo Gallery

 (22652)

 (22653)

 (22654)

 (22655)

 (22656)

 (22657)

 (22658)

 (22659)

 (22660)

 (22661)

 (22662)

2018 SS COLLECTION

 (22666)

先日行われた『CHARI&CO 2018 SPRING SUMMER COLLECTION』にREPROFILE編集部も参加させていただいた。
写真をお見せすることはできないが、自転車好き以外にも愛される機能性豊かなアイテムが並び、『CHARI&CO』の魅力に改めて気付かされた。
自転車(チャリ)ユーザーにフォーカスしたアパレルブランドだが、日頃のあらゆるシーンで利用できるプロダクトが多数あり、今後も著名なファッションブランドと肩を並べ、シーンをリードしていくブランドで間違いない事を肌で感じ取ることが出来た。
【CHARI&CO概要】
ブランド名:CHARI&CO
オフィシャルサイト:http://www.chariandco.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/chariandco/
vimeo:https://vimeo.com/chariandconyc
29 件
全文を読む

この記事を書いた人:≠REPROFILE編集部

≠REPROFILE編集部