ネイルの『保ち(もち)』まで変わる?乾燥対策のポイント3つ

ネイルの『保ち(もち)』まで変わる?乾燥対策のポイント3つ

2017.1.24

こんな内容

どうしても手肌が乾燥するこの季節。何も考えずただクリームを塗るだけの乾燥対策をするだけではもったいない!きちんとポイントをおさえることで効率よくケアができます。特に重視したいポイント箇所を3つご紹介します。

ただ乾燥対策をするようではもったいない!

 (525364)

万全の乾燥対策でネイル映えする指先に♪

ジェルネイルを綺麗にしていても、肝心の手がガサガサだとせっかくの素敵なネイルの魅力も半減してしまいます。時間やお金をかけているのにもったいないですよね。特に、この乾燥する季節は普通に生活していても指先が乾燥してしまいます。

実はジェルネイルのモチにも多少なりとも影響を及ぼす手の乾燥。

ケアする際に大事にしたいポイントを3つご紹介します。

乾燥を防ぎたい部分は「手の甲」「指先」「甘皮」

 (525365)

手は顔以上に年齢を物語る?まずは手の甲をケアしましょう!

赤ちゃんや子どもの手を握るとフワフワして気持ちいいですよね。彼らの手のひらはもちろん、手の甲もツヤツヤのプルプルです。実はその手の甲の血色や潤い具合はかなり年齢が出てしまいやすいポイントです。

こちらは手持ちのハンドクリームなどでしっかり保湿してあげましょう。

市販のハンドクリームを塗った後に使い捨てのナイロンやゴム手袋をしてあげると、クリームのベトベトが付かず快適に生活を送れます♪

日常の生活で意外にも潤いが奪われてしまう指先

 (525366)

当たり前ですが、指先は誰しもかなりの頻度で酷使している部分。水に触れる機会の多いお仕事に就いている女性や、主婦ならなおさらです。

実は紙に触れたり、衣服をたたむだけでも指先の潤い(脂分)は少しずつ奪われていきます。

手の甲同様、きちんとケアしてあげてください。

こちらはネイルサロンなどで売られているネイルオイルも活用していきましょう!

ジェルネイルをしているのであれば甘皮のケアも忘れずに!

最近は格安サロンもだいぶ増えました。施術料金をさげるためにネイルのデザインオンのみで甘皮の処理を省いている、ないしオプションに設定しているサロンをたまに見かけます。

しかし、この甘皮。きちんと整えてあげる事で自爪の形を整えることはもちろん、爪の育成にもかなり貢献してくれる大切な部分なのです。処理しきれていない皮が残っていると見映えが悪いのはもちろん、潤いを保ってあげる事で、その下にある爪の赤ちゃんをケアすることになります。

結果、美しい自爪が育ちジェルネイルのモチも良くなっていきます。

こちらもハンドクリームできちんと潤いを与えた後、ネイルオイルでその潤いにふたをしてあげましょう!

乾燥対策もポイントをおさえて重点的にしてあげることで、美しくジェルネイルの映える指先が手に入ります。今からでも遅くありません。毎日のケアを重ねて潤った指先でこの冬もネイルを楽しみましょう。



Itnail編集部

元のページを表示 ≫

関連する記事

1 件
全文を読む

この記事を書いた人:itnail

itnail

Popular人気のキーワード