飲む日焼け止めってなに?内側からの紫外線対策でトラブル知らずな肌に。

飲む日焼け止めってなに?内側からの紫外線対策でトラブル知らずな肌に。

2017.5.8

乾燥対策から紫外線対策へと、肌ケアのポイントが変化する時期ですね。紫外線対策というと、日焼け止めを塗るのが一般的ですが、飲むタイプの日焼け止めが流通していることをご存知でしょうか。なかなかケアできない部位の紫外線対策にも有効で、塗るタイプと併用することでより確実に効果を発揮してくれます。絶対に焼きたくない方、シミや肌荒れを何としてでも防ぎたい方、要チェックです!

こんな内容

紫外線って何?どんな影響があるの?

 (20369)

飲む日焼け止めで確実な効果を出したい方は、紫外線について理解しておくことが大切です。

紫外線には、主に「UV-A」「UV-B」「UV-C」の3つの種類があります。

紫外線の大半は、「UV-A」で、4~9月頃に多くなります。「UV-A」によるダメージを受けると、メラノサイトと呼ばれるメラニン(シミの元)を作る工場が活発に働き始めます。

そして、お肌を黒くさせてしまうほか、お肌の弾力を生む線維にも影響を及ぼして、しわやたるみの原因にもなります。

また、7~8月頃に増えてくる「UV-B」は、主にお肌の表皮にダメージを与え、日焼けを促したり、角層の水分を奪って肌荒れの原因にもなります。

「UV-C」は、紫外線の中でも最も有害なものですが、オゾン層に吸収されるため、地表には届きません。しかし、オゾン層の破壊によって、地表に届くこともあるのではないかと危ぶまれています。

飲む日焼け止めとは?

 (20370)

飲む日焼け止めとは、紫外線によるダメージからお肌を守ってくれるサプリメントのことです。

「フェーンブロック」や「ニュートロックスサン」といった有効成分によって、日焼けによるお肌の炎症を抑えたり、活性酸素の活動を阻害してシミやシワを防いだりしてくれます。

商品によって、使用方法は子tなりますが、おでかけの30分くらい前に1カプセル服用し、長時間のお出かけの場合には、数時間後にもう1カプセル服用するようなイメージです。

塗るタイプと飲むタイプのちがいは?

 (20371)

塗る日焼け止めと飲む日焼け止め、その違いは使用方法だけではありません。

塗るタイプの日焼け止めは、外側から紫外線によるダメージを防いでくれるものです。
よく「PA+」や「SPF50」などの表記を目にするかと思いますが、「PA」は「UV-A」、「SPF」は「UV-B」をどれだけ防いでくれるかを表す指数です。

それに対して、飲むタイプの日焼け止めは、ダメージを受けたお肌の回復を早めたり、ダメージを受けにくいお肌作りをしてくれるものです。

「これを飲めば、日焼け止めを塗らなくても安心!」と言われることもありますが、併用して使用することが推奨されています。

飲む日焼け止めのおすすめポイント

・日焼け止めを塗らないような場所(目や唇、脇など)をケアできる。
・ムラなくケアができる。
・汗や雨などで流れてしまう心配がない。
・濃い目のメイクをしている時や多忙な時など、日焼け止めの塗り直しが出来なくても安心。

飲む日焼け止め おすすめ4選!

Heliocare(ヘリオケア)

 (20359)

「飲む日焼け止めと言えばコレ!」と言えるほどに有名な商品です。

シダ植物由来の「Farnblock(ファーンブロック)」というヘリオケアの特許成分が主成分となっています。

ヘリオケアは、いくつかの種類が販売されているのですが、アジア人向けに作られた「ヘリオケア ピュアホワイト ラディアンス マックス」が新たに登場されたばかりです。

60粒入り9,800円(税別)で、Amazonにて販売されています。

PABA

 (20368)

100カプセル約1,000円という驚きの低価格で販売されている商品です。

PABAとは、「パラアミノ安息香酸」と呼ばれる体内で合成されるビタミンB群の1つのことです。

毎日飲み続けることで、体内のPABA濃度を増やし、お肌のダメージを防いでくれます。

飲むサプリのほとんどが、服用すると即日で効果を発揮しますが、「PABA」の場合、3か月間服用することで効果を発揮するため、注意が必要です。

noUV(ノーブ)

 (20364)

日本発の飲む日焼け止めとして話題を集めているのが「noUV(ノーブ)」です。

有効成分は、シダ植物由来の「PLエキス」。これは、「フェーンブロック」の原料となっているもので、お肌のトラブルを防いでくれる効果があります。

ビタミンC、ビタミンE、ビタミンD、ルティン、クロセチン、リコピンなど8種類の美容成分を配合しており、美肌効果も期待できます。

従来の「noUV」に加えて、新たに7種類の美容成分を配合した「noUV Care White」も登場し、90粒入り10,584円(税込)で販売されています。

ホワイトヴェール

 (20366)

2016年、日本製の飲む日焼け止めが続々登場しました。その一つがこちらの「ホワイトヴェール」。

シトラス果実やローズマリー葉由来の「ニュートロックスサン」を主成分としています。

「ニュートロックスサン」は、肌トラブルを引き起こす「UV-A」と赤くヒリヒリとした炎症を起こす「UV-B」のどちらにも効果を発揮してくれます。

定価は、60粒入り7,560円(税込)ですが、初回限定980円(税込)で購入することが出来るので、とてもお買い得です。

紫外線対策は内側から!

塗るタイプの日焼け止めは、2~3時間おきに塗りなおさないと本来の効果を発揮しないものですが、頻繁に塗りなおす時間を取るのも難しいですよね。そんなとき、飲むタイプの日焼け止めが助けになってくれます。
紫外線による肌トラブルに不安のある方は、内側からの紫外線対策を始めていきましょう。
30 件
全文を読む

この記事を書いた人:≠REPROFILE編集部

≠REPROFILE編集部