かんざしとは異なる新たなヘアアクセは刺し方も簡単で時短おしゃれ

かんざしとは異なる新たなヘアアクセは刺し方も簡単で時短おしゃれ

2016.9.13

毎日のヘアスタイルがなかなか決まらない、寝坊ばかりでヘアスタイルに時間をかけることができないという方も多くいるのではないでしょうか。実は、そのような方でも簡単にアレンジを楽しめるアイテムが存在しています。そのアイテムこそが、マジェステです。マジェステとは、いつものヘアスタイルにさっと付けるだけで、簡単におしゃれができるアイテムなのです。

こんな内容

かんざしともピンとも違うマジェステ

 (3807)

マジェステはかんざしやピンとは異なる、新たなヘアアクセです。かんざしは刺すだけ、ピンだと留めるだけとなりますが、マジェステはかんざしのように刺して使うこともできれば、髪を束ねる時にも使えます。つまり使い方次第で、様々なヘアスタイルが楽しめるのがマジェステなのです。髪が少ないから不安という方でも、髪が短い方でも安心して使えるのも特徴の1つです。刺し方が難しいと思う方もいるかもしれませんが、使い方さえ覚えれば、毎日のように手軽に異なるヘアアレンジが楽しめる万能アイテムとなっています。

寝坊した時でも簡単ヘアアレンジ

 (3817)

例えば手軽にできるマジェステの刺し方の1つに、寝坊した時でもあっという間にできる簡単ポニーが挙げられます。簡単ポニーでは、最初に襟足の位置で髪を一つに束ねます。この時、少しラフ目に結ぶことで、ゆったりとした雰囲気が出せます。一つに束ねたら、ゴムの結び目を隠すように束ねた髪を少しとって巻きつけます。巻きつけた毛先をピンで固定したら、結び目の上にマジェステをつければ、あっという間におしゃれなポニーの完成です。さらに時間がない方には、ダウンヘアのアレンジという手もあります。サイドの髪を少しねじって、マジェステで留めるだけなので、時間もほとんどかかりません。

応用テクニックで差がつくヘアスタイル

 (3823)

マジェステは結び目の上につけるだけではなく、つけ方次第で他の方と差がつくヘアスタイルが楽しめるアイテムです。例えば髪を下の方で結んだとき、あえて真ん中の方にマジェステをつける手もあります。この方法なら、使うマジェステ次第で可愛さや大人っぽさの両方を表現できます。さらにマジェステはお団子ヘアにも合わせられます。夏の暑い時期はお団子にすることが多い方でも、結び目にマジェステをつけるだけで、いつものお団子がおしゃれなお団子ヘアに変身します。またバレッタのように使えるため、髪に優しいのもマジェステの特徴です。

新たなヘアアクセは刺し方も簡単で時短おしゃれ

 (3827)

簪ともピンとも異なる、新たなヘアアクセがマジェステです。難しいと感じる方もいると思いますが、ポニーテールの結び目にちょっとつけるだけで、短時間でおしゃれが楽しめるヘアアクセです。またつけ方次第で、さまざまなヘアアレンジを楽しめます。
12 件
全文を読む

この記事を書いた人:まめっこ

まめっこ

この記事のキーワード

Popular人気のキーワード