アパレル会社に提出する履歴書の写真の撮り方と選び方

アパレル会社に提出する履歴書の写真の撮り方と選び方

2016.9.14

就職活動をするにあたって、事前に準備が必要になりますがまずは先方に提出する大事な書類として最も重要といえる履歴書を用意する必要があります。写真を貼り、必要事項を記入しますが自分が受ける業界の常識に合わせて作成するのがポイントになります。金融業界や公務員、飲食業界、アパレルなど様々な業界がありそれぞれの特徴があるのでその業界をイメージしてヘアメイクを整え撮影に臨むことが大事です。

こんな内容

証明写真は多めに撮っておくようにする

 (3606)

履歴書の提出は、平均して大体20社位あると言われています。人によって多少前後することがありますが、その分証明写真も必要になるということです。最近では従来のような手書きのものよりも、web上で簡単に仕上げられるものも多くなっていますがそれでも多めに用意しておくことで、後で撮り直しをする必要が無くなります。最低でも20枚、余裕を持って30枚くらいは用意しておくと、後で足りなくなってしまうことが少ないと言えます。例え余ってしまったとしても、入社後に必要になることもあるので余分に持っていても損することはないです。

メイクは業界のイメージに合うものにする

 (3619)

就職活動用のメイクは、派手過ぎずナチュラルな感じで、スッピンよりも美しく見せるということはどの業界でも求められることです。そして、更に志望業界に合うようなイメージのメイクに調整することが大事になります。金融業界や公務員などの業界では、真面目で落ち着いた印象が求められるのでメイク自体極力せずに控えめな印象にした方が良いですがアパレルの場合は逆に華やかさが求められます。マスカラやアイシャドウ、チークなども比較的自由にメイクすることが出来ますが、上品な印象にすることが大事です。自分らしさを生かせるようなメイクにすると、より良いです。

髪型はお洒落で清潔感を出すこと

 (3622)

食品業界など衛生面で厳重な管理がされるような業界では、とにかく清潔感を大事にする必要がありますがアパレルの場合基本的にお洒落で華やか、明るい印象が求められます。直接接客に関わる仕事でなくても、ファッションに関して敏感である必要があるのでその部分をアピールすると良いからです。そのため、髪型に関しても他の業界と比べても比較的自由にアレンジしやすく必ずしもしっかりまとめなくても良い傾向にあります。適度に髪全体を整える感じで、女性らしい柔らかい印象のスタイリングにすると良いと言えます。

アパレル会社に提出する履歴書の写真の撮り方と選び方

 (3630)

履歴書の写真の撮り方と選び方は、その業界のイメージに合わせて調節する必要があります。アパレルに関しては他の業界と比べて比較的自由で、ヘアメイクはアレンジしやすいので最低限のマナーは守って自分らしさを表現することが大事です。
12 件
全文を読む

この記事を書いた人:まめっこ

まめっこ