ゴルフ女子の武田奈津美が行く!タイ/バンコク旅行記・ゴルフ編

ゴルフ女子の武田奈津美が行く!タイ/バンコク旅行記・ゴルフ編

2018.2.19

国内から海外まで年間50ラウンド超えのEnjoyゴルファー、武田奈津美です。 今回の旅行先は、国内が寒い時期にゴルファーの間で大人気のタイ/バンコク。 実際に満喫してきて感じた魅力を沢山お届けします。

こんな内容

タイのゴルフ事情

 (24300)

東京から飛行機で約6時間程で到着するタイ/バンコク。ゴルファーの間ではゴルフリゾートとして知られています。
首都バンコクから1時間圏内の近郊部だけでも沢山のゴルフ場があり、クラブハウス、サービス、コース状態も抜群。また、何と言っても最大の魅力は年間を通して温暖な気候!更に11月〜2月は乾期の為、国内が寒いこの時期に沢山のゴルファーが訪れるのです。

アマタスプリング カントリークラブ

 (24299)

そんなタイ/バンコクの数多くあるゴルフ場の中でも今回訪れたコースは、一度は行ってみたかった!憧れの「アマタスプリング カントリークラブ」。
2005年に開場と歴史は浅いのですが、メジャートーナメント開催を前提に造られたというだけあり、数々のトッププレーヤーが集い、タイを代表する名門コースとして知られています。
早速到着すると目に入ってくるのは、オレンジ色を施した外観のクラブハウスや、繊細な柄のタイル張り階段。色使いが華やかで入り口からリゾート感たっぷりの雰囲気で迎えてくれます。
そしてロッカールームに入ると、既に「Ms.NatsumiTakeda」とネームプレートが準備されていました。これにはスタート前から気分が高まります♡

コースの魅力

 (24302)

一番気になるコースはというと、グリーン状態が良好な事は言うまでもなし。隅々まで整備されて青々としたフェアウェイでは、どこからでも気持ちよく打てちゃいます。
そして水場とバンカーのバランスがとにかく素晴らしいのです。隣接するバンコクらしいミュージアムとの景色が相まって、海外リゾートゴルフ感を存分に感じさせてくれます。開放的なコース造りの為、至る所からこの絶景が見え写真映えバッチリ◎
そのような中でも、アマタスプリングには皆が知る名物ホールがあるのです。それが、17番の浮島Par3。なんと陸とは全く繋がっておらず、舟で渡る造り!
数々の池越えホールを経験したゴルファーも、ここまでしっかりとした浮島のコースは初めて、という方が多いのではないでしょうか。

名物ホール/17番浮島

それでは是非!名物ホールの様子をご覧ください。
レギュラーティーからは112yard。ナイスオンした時の気持ち良さは何とも言えません。
ボールを打ち終わったあと、舟に乗って浮島へ向かいます。
(わたしもレディースからですが乗りましたよ♡)

残り2ホール、というタイミングでやってくるこの爽やかな素敵すぎる舟旅。帰りたくない…!まだプレーしたい!と思わせてくれる瞬間です。
皆さまここまでのホールで数々の魅力にやられ、最終が近くなったこのホールで更にトリコになるのでしょう…♡

【ゴルフ女子】武田奈津美が行く!タイ/バンコク旅行記・アマタスプリング編

ラウンドまとめ

 (24301)

さすがタイを代表する名門コース。とにかく全てが美しい。そしてキャディさんの対応が素晴らしいのです。
タイのゴルフでは1人に1人キャディさんが付くのですが、アマタスプリングのキャディさんは経験も豊富で終始笑いに絶えない方ばかり。それぞれ別のカートで自分のボールまで移動するので、スムーズに回れて良いですよね◎これは1日に2ラウンドする気持ちもわかるかも!

ちなみに今回のスコアは「98」点。楽しすぎたのでスコアも満足です♡
絶対にまたあの名物ホールは挑戦したい、そんな思いでゴルフ場を後にしました。

今回覚えたタイ語

さて、今回わたしが覚えたタイ語。
「สูๆ(スースー!)」意味:頑張れ♡!
キャディさんにこれを言われたら何でも上手くいく気がしました笑

まだゴルフ初心者の女性の皆さまも、タイゴルフを一度経験したらハマる事間違い無し◎
次の癒し旅行先にタイ/バンコクを候補にいれてみてはいかがでしょうか?

わたしも大満足、楽しすぎたタイ/バンコクラウンド。またすぐ行きます♡


その他情報はこちらをチェック♡
◼︎Instagram
https://www.instagram.com/_natsumitakeda_/
◼︎Twitter
https://twitter.com/_natsumitakeda_
17 件
全文を読む

この記事を書いた人:武田奈津美

武田奈津美

Popular人気のキーワード