ハイフ

ハイフ(HIFU)にはどんな効果がある?医療用とエステ用の違いは?

日頃から肌の手入れをしていても、年齢を重ねるにつれて顔のたるみは気になってくるものです。そこで今、顔のたるみ改善やリフトアップに効果が高い美容施術としてハイフ(HIFU)への注目が高まっています。

今回は、ハイフにはどんな効果があるのか、医療用ハイフとエステ用ハイフの効果の違いなどについて紹介します。
ハイフの効果が気になる方は、ぜひ参考にしてください。

ハイフ(HIFU)の特徴・仕組み

ハイフ(HIFU)の特徴・仕組み

ハイフ(HIFU)とは、高密度焦点式超音波(High Intensity Focused Ultrasound)を集中照射し、対象の部位を熱変性させることによって美容効果を引き出す技術のことです。

超音波エネルギーによって、皮膚のたるみを引き上げるリフトアップ施術というと分かりやすいでしょうか。

ハイフは、60~70℃の超音波熱エネルギーをピンポイントで照射し、点状に小さな熱損傷を作ります。その熱損傷の治癒過程で、コラーゲン繊維などを活性化させていき、ゆるんだ表在性筋膜を引き締める仕組みとなっています。

また、ハイフでは照射深度の異なるカートリッジを変えることができるため、皮膚の薄い部分から深い部分まで幅広くアプローチが可能です。

ハイフ(HIFU)の効果とは

ハイフ(HIFU)の効果とは
ハイフ(HIFU)は、切らないたるみ治療として人気を集めている施術ですが、具体的にどのような効果が期待できるのでしょうか。

続いては、ハイフの効果を紹介します。ハイフの効果が気になる方は、ぜひ参考にしてください。

リフトアップ効果

ハイフは、肌にメスを入れることなくリフトアップ効果が期待できます。
ハイフによる熱照射ダメージを受けた肌はコラーゲン生成が促され、皮膚にハリが生まれます。

ハリが生まれた顔は全体的に引き締まり、フェイスラインがすっきりするだけではなく、術後2~3ヶ月するとはっきりとしたリフトアップ効果を実感することができるでしょう。

シワやたるみの改善効果

顔のしわは年齢を重ねるにつれ、肌の土台となるSMAS(スマス)筋膜がゆるむことで生じるものです。

ハイフでSMAS筋膜に熱損傷を与えることでゆるんだSMAS筋膜を活性化させ、しわやたるみが生じにくい状態にすることが可能です。
加齢に伴って現れるほうれい線なども、できるだけ早いうちから治療を行うことで、効果も現れやすくなります。

また、ハイフは血管が拡張されるため、血行促進によって新陳代謝が促され、美肌効果も期待できるでしょう。

小顔効果

ハイフを行った部位は強く引き締められるため、小顔効果が期待されています。

ハイフは、肌の深層にあるSMAS筋膜に焦点を合わせてアプローチする施術です。
SMAS筋膜のゆるみを引き締めることで、肌のたるみを改善し、小顔に導いてくれます。

メスを入れずに小顔になるため、整形には抵抗があるという方からも注目されています。

脂肪分解効果

ハイフの種類によっては、超音波の熱エネルギーによって脂肪細胞を溶かす、脂肪分解効果があるものもあります。

ハイフによって溶けた脂肪細胞は体外に排出されていくため、痩身効果が期待できます。また、脂肪そのものを破壊するため、リバウンドの心配がないのが嬉しいポイントです。

効果の高いハイフ(HIFU)は医療用とエステ用どっち?

効果の高いハイフ(HIFU)は医療用とエステ用どっち?

ハイフ(HIFU)は、美容外科や美容皮膚科などの医療機関だけではなく、エステサロンでも行われている施術です。

しかし、ハイフは医療用とエステ用で効果に違いがあり、医療用のハイフのほうが効果は高いと言われています。

医療用ハイフは最新機器が取り入れられているだけではなく、医療従事者が施術を行うため高い出力で施術ができます。

また、医療機関で行う医療用ハイフであれば、麻酔を処方してもらうこともできるため、痛みに不安があるという方でも麻酔で痛みを軽減することで出力を下げる必要がなく、その分高い効果が期待できるのです。

ハイフ(HIFU)の効果はいつまで持続する?

ハイフ(HIFU)の効果はいつまで持続する?
ハイフ(HIFU)はリフトアップや美肌、痩身といった効果を実感することができますが、効果がいつまで持続するのか気になるところですよね。

そもそもハイフの効果は治療直後から実感することができ、施術直後から約3ヶ月かけて新しいコラーゲン繊維を増産するようになります。
そのため、ハイフを受けた肌はじわじわと効果を発揮していき、時間をかけて肌が引き締まるようになります。

そんなハイフの効果は個人差があるものの、おおむね半年から1年程度と言われています。

ハイフ(HIFU)の効果を高めるコツは?

ハイフ(HIFU)の効果を高めるコツは?
続いては、ハイフ(HIFU)の効果を高めるコツを紹介します。

年1~2回程度の頻度で行う

ハイフの効果は半年から1年と言われており、ピークを境に元の状態へと戻っていきます。
そのため、年1~2回程度の頻度でハイフを行っていくと、より高い効果を実感することができるでしょう。

また、皮膚の浅い部分をターゲットにハイフを行う場合、持続する期間が短くなる傾向にあります。その場合は3ヶ月に1回程度の施術を受けるのがおすすめです。

信頼できるクリニックを選ぶ

ハイフは高い技術と専門的な知識が必要となる施術です。
安易に安いからという理由でエステ用ハイフを選んでしまうと、効果をあまり感じられない可能性があります。

美容外科や美容皮膚科などの医療機関でハイフを受けるときも、利用者の口コミをチェックするほか、複数のクリニックでハイフのカウンセリングを受け、自分が信頼できるクリニックを選ぶのがおすすめです。

カウンセリング時のハイフに関する質問に対して丁寧な回答をしてくれたり、効果を高めるためのアドバイスをしてくれたりするクリニックは、信頼できるクリニックと言えるでしょう。

適切な頻度とショット数で行う

ハイフは人によって適切な頻度とショット数が異なります。
肌の状態や肌質によって最適な頻度とショット数は異なるため、自分で適切なショット数を選ぶことは難しいでしょう。

自分の肌の状態や肌質に適した頻度やショット数を見極めるためにも、医療機関でカウンセリングや医師の診察を受け、最適なプランの提案を受けることをおすすめします。

痛みの少ないクリニックを選ぶ

メスを使わないハイフは、比較的痛みの少ないリフトアップ施術だと言われていますが、まったく痛みがないというわけではありません。
特に皮膚の薄い部分や頬骨の付近は痛みを伴いやすいと言われています。

ハイフの施術中に強い痛みを感じてしまうと、次に通うのが怖くなってしまい、定期的な施術が難しくなってしまう可能性もあります。そのため、ハイフの施術を受けるのであれば、痛みの少ないクリニックを選ぶのがおすすめです。

美容外科や美容皮膚科などの医療機関であれば麻酔を使ってくれるところもあるため、痛みに不安がある方はカウンセリング時に相談してみてください。

ハイフ(HIFU)がおすすめのクリニック

続いてはハイフがおすすめのクリニックを紹介します。

クリスティーナクリニック銀座

クリスティーナクリニック銀座

クリスティーナクリニック銀座は、銀座駅から徒歩2分の立地にある美容医療クリニックです。医療脱毛や医療用ハイフなどさまざまな美容医療の施術を行うことができます。

ウルトラセルハイフという年間施術数1位の機器を用意しており「痛み・ダウンタイムなし」「確実なリフトアップ効果」「ハリ感、艶めく美肌」を謳っています。

ウルトラセルハイフの料金は、顎先~目の下が400ショットで150,000円となっていますが、期間限定で89,800円となっており約60,000円もお得にハイフを受けることができます。(※期間限定価格の期間は未定)

またフェイスラインや二重顎が気になる方におすすめのコースとしてハイフリニア3回コースが150,000円のところ99,800円でできるキャンペーンも行っています。

さらに、3ヶ月以内に再来すると30パーセントオフになるクーポンももらえるので、通常よりもかなりお得にハイフが受けられるのです。

クリスティーナクリニック銀座は患者が不安になりやすい痛みやダウンタイムの少なさ、高い効果を出すための機器を取り扱っています。

お試しで施術を受けることもできるので、気になる方はまず、無料カウンセリングを受けることをおすすめします。

ハイフ(HIFU)の高い効果を実感したいなら医療機関がおすすめ

ハイフ(HIFU)の高い効果を実感したいなら医療機関がおすすめ

ハイフ(HIFU)はメスを入れずにたるみ改善やリフトアップ効果が期待できる人気の美容施術です。

特に、美容外科や美容皮膚科などの医療機関で行う医療用ハイフは、医療従事者が最新機器や高出力で施術を行うため、エステ用ハイフよりも高い効果を実感できるでしょう。

また、医療用ハイフにもさまざまな種類があり、たるみ改善やリフトアップはもちろん、脂肪分解効果が期待できるハイフもあります。

ハイフが気になるという方は、医療用ハイフを扱う医療機関の公式サイトや口コミをチェックしたうえで、まずは無料カウンセリングから始めてみましょう。

ハイフについて詳しくはこちら

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人

- REPROFILE magazine編集部 の最近の投稿