ハイフ

ハイフ(HIFU)は美容外科・皮膚科で受けるべき?エステサロンとの違い

メスを入れずにリフトアップができると人気のハイフ(HIFU)は、美容外科や美容皮膚科だけではなく、エステサロンでも受けることができます。

そのため、美容外科や美容皮膚科とエステサロン、どちらでハイフを受けるべきか悩まれている方もいるのではないでしょうか。

今回は、美容外科や美容皮膚科で受けるハイフと、エステサロンで受けるハイフの違いについて紹介します。

ハイフ(HIFU)はどんな美容機器?

ハイフ(HIFU)はどんな美容機器?

ハイフ(HIFU)とは、高密度焦点式超音波(High Intensity Focused Ultrasound)という美容機器のことをいいます。

皮下組織であるSMAS(スマス)筋膜に超音波を集中して照射し、組織を熱凝固させることでSMAS筋膜を引き締めるため、リフトアップや小顔効果が期待できます。

これまでSMAS筋膜にアプローチするには外科的手術しか方法がありませんでしたが、ハイフであればメスを入れずに超音波で熱エネルギーを届けることができるため、ほかの組織を傷付けることなくSMAS筋膜にアプローチでき、高い美容効果を得られるようになったのです。

また、ハイフのなかには脂肪溶解効果のある機種もあり、二の腕や腹部などの脂肪組織にアプローチすることで熱エネルギーによる脂肪溶解を起こし、部分痩せを狙った治療を行うこともできます。

ハイフには、医療用と非医療用がありますが、医療用ハイフ機器は医師や看護師といった医療従事者しか扱うことができません。

そのため、医療用ハイフの施術は美容外科や美容皮膚科などの医療機関でのみ受けることができ、エステサロンでは非医療用のハイフが使われています。

ハイフ(HIFU)は美容外科・皮膚科で受けるのがおすすめ

ハイフ(HIFU)は美容外科・皮膚科で受けるのがおすすめ

ハイフ(HIFU)は、美容外科や美容皮膚科で行われる医療用と、エステサロンで行われる非医療用に分けられますが、それぞれどんな違いがあるのでしょうか。

続いては、医療用ハイフとエステ用ハイフの違い、美容外科や美容皮膚科でハイフを受けるメリットを紹介します。

医療用ハイフとエステ用ハイフの違い

医療用ハイフとエステ用ハイフの大きな違いは、超音波の出力にあります。

医療用ハイフは医療行為として行われるため、医師や看護師といった医療従事者が施術を行い、高い出力の超音波を当てて施術をすることができます。

しかし、エステサロンは医療機関ではないため、エステティシャンが扱うエステ用ハイフの出力数には制限があり、医療用ハイフに比べて照射パワーが弱くなるのです。

そのため、医療用ハイフとエステ用ハイフは効果にも違いがあります。高出力の医療用ハイフのほうがより効果を実感しやすいだけではなく、効果の持続期間も長くなる傾向にあります。

ただし、美容外科や美容皮膚科でハイフを受ける場合、効果の高い最新機器を導入していることもあり、エステサロンよりも料金は高額となります。

そのため、料金だけを見るとエステサロンのほうを選びたくなりますが、費用対効果を考えるとエステ用ハイフよりも医療用ハイフのほうがコスパが良いと言えるでしょう。

美容外科・皮膚科でハイフを受けるメリット

美容外科とは、形成外科の一種で、メスを使った美容整形も行うことができるクリニックのことです。

美容外科では、ハイフだけでなく糸によるフェイスリフトやフェイスラインの形成、再生医療によるシワやたるみの改善、メスを使った切開手術まで、さまざまな美容施術を受けることが可能です。

美容外科でハイフを受けるメリットとしては、ハイフと糸によるフェイスリフト、また再生医療などを組み合わせて行うことができ、それぞれを組み合わせることで、より高い効果が期待できるという点が挙げられます。

美容皮膚科とは、皮膚の疾患に対してはもちろん、皮膚に特化した美容目的の治療も行うことができるクリニックのことです。たるみやリフトアップだけでなく、シワやニキビの改善、シミやほくろの治療など、さまざまな治療をエステサロンのような感覚で受けられる美容皮膚科も増えています。

美容皮膚科でハイフを受けるメリットとしては、万が一ハイフによって赤みや腫れ、火傷などの症状が起こってしまった場合もすぐに対処ができ、適切な治療が受けられる点にあります。

また、たるみや小顔だけでなく、さまざまなお肌の悩みを相談することで、最適なプランを提案してもらえるでしょう。

美容外科・皮膚科で受けるハイフ(HIFU)の料金相場

美容外科・皮膚科で受けるハイフ(HIFU)の料金相場

美容外科や美容皮膚科で受けるハイフ(HIFU)は、ハイフのショット数(超音波を出力する回数)が多くなる程、料金は高くなる傾向にあります。

施術を受けるクリニックやハイフ機器の種類によってもハイフの料金は大きく異なり、全顔のハイフの料金相場は、40,000~150,000円程、フェイスラインと全顔は50,000~250,000円程、首下や顎下のハイフは20,000~150,000円程と、ハイフの料金相場は幅広いのが特徴です。

ハイフ(HIFU)を受ける美容外科・皮膚科の選び方

ハイフ(HIFU)を受ける美容外科・皮膚科の選び方<

ハイフ(HIFU)を受けるなら、エステサロンよりも効果を実感しやすい美容外科や美容皮膚科がおすすめです。

そこで続いては、ハイフを受ける美容外科・皮膚科の選び方を紹介します。

ハイフ機器の種類

医療用ハイフ機器には、ウルセラ・ウルトラセル・ソノクイーン・ウルトラリフトダブル・ウルトラハイフなどさまざまな種類が展開されています。

ハイフの機器によっても超音波照射パワーや効果に違いが出てくるので、美容外科・皮膚科を選ぶときはハイフ機器の種類もチェックしておくと良いでしょう。

美容外科や美容皮膚科では、最初に診察とカウンセリングを受け、医師が顔や皮膚の状態を見たうえで、最適なハイフ機器を提案してくれます。

クリニックの実績や口コミ

ハイフは高い技術力と知識が必要な施術のため、気になる美容外科や美容皮膚科があれば、過去の症例数や実績も確認しておきましょう。

また、口コミサイトでは実際に施術を受けた方の生の声を聞くことができます。どのような施術なのか、痛みはどれくらいなのかなどが分かるので、ぜひチェックしておきましょう。

通いやすさ

ハイフの効果は半年から1年程度持続しますが、リフトアップした肌を維持するためには年1~2回程施術を受けるのが効果的です。

通いにくい場所にあると施術を受けに行くのが面倒になることがあるので、できるだけ通いやすい立地のクリニックを選ぶと良いでしょう。

料金相場と比較する

ハイフを受ける美容外科や美容皮膚科を選ぶときは、クリニックごとの料金を調べ、相場と比較してみましょう。

ハイフはクリニックやハイフ機器の種類によって、料金に大きな幅があります。料金が安ければ良いということではなく、期待する効果がしっかりと得られるかどうか、どれくらいの期間効果が持続するかなども確認し、予算に合ったクリニックを選ぶことが大切です。

ハイフ(HIFU)がおすすめのクリニック

続いてはハイフがおすすめのクリニックを紹介します。

クリスティーナクリニック銀座

クリスティーナクリニック銀座

クリスティーナクリニック銀座は、銀座駅から徒歩2分の立地にある美容医療クリニックです。医療脱毛や医療用ハイフなどさまざまな美容医療の施術を行うことができます。

ウルトラセルハイフという施術を行っており「痛み・ダウンタイムなし」「確実なリフトアップ効果」「ハリ感、艶めく美肌」を謳っています。

ウルトラセルハイフの料金は、顎先~目の下が400ショットで150,000円となっていますが、期間限定の初回お試し価格で89,800円となっており、約60,000円もお得にハイフを受けることができます。(※期間限定価格の期間は未定)

またフェイスラインや二重顎が気になる方におすすめのコースとしてハイフリニア3回コースが150,000円のところ99,800円でできるキャンペーンも行っています。

クリスティーナクリニック銀座のハイフの特徴は、たるみの原因にピンポイントでアプローチできたり、リフトアップの効果が長時間続くことが挙げられます。

さらに、治療ポイントの異なる層にアプローチできるため、より確実に悩みの原因に効果的な施術ができるのです。

クリスティーナクリニック銀座のハイフは、クリスティーナ式照射術として1人1人に合った照射方法を行ってくれます。気になる方はまず、無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

ハイフ(HIFU)は美容外科・皮膚科で施術を受けるのがおすすめ

ハイフ(HIFU)は美容外科・皮膚科で施術を受けるのがおすすめ

ハイフ(HIFU)はメスを入れずにリフトアップを効果的にできるため、多くの方から注目を集める施術です。

最近では、エステサロンでも行うことができますが、ハイフは本来医療行為の一種であることから、高い技術や専門知識を必要とする施術でもあります。

ハイフ施術によって発赤や腫れ、痺れなどの副反応が起こる可能性もゼロではないため、肌トラブルが起きた場合のことを考えると、美容外科や美容皮膚科といった医療機関で施術を受けたほうが安心感もあるでしょう。

また、医療用ハイフは高いパワー出力で施術を行うため、美容外科や美容皮膚科でのみ扱える医療用ハイフのほうが、たるみの改善やリフトアップ効果をより実感することができるでしょう。

ハイフを検討している方は、今回紹介した選び方のポイントも参考に、自分に合った美容外科や美容皮膚科を選んでください。

ハイフについて詳しくはこちら

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人

- REPROFILE magazine編集部 の最近の投稿