ハイフ

ハイフ(HIFU)の効果はいつまで続く?おすすめクリニックで施術を受けよう

超音波を使ってリフトアップができる美容施術ハイフ(HIFU)は、顔にメスや糸を入れる必要がなく、しわやたるみの改善、小顔効果が期待できることから、多くの女性の注目を集めています。一度の施術でも効果が出ると人気のハイフですが、効果はいつまで持続するかご存知でしょうか。

今回は、ハイフの効果がいつまで持続するのか、部位別に見るハイフ効果の出やすさ、さらにハイフの効果を長持ちさせるコツなどを紹介します。

ハイフ(HIFU)効果は何日後からいつまで?

ハイフ(HIFU)効果は何日後からいつまで?

ハイフ(HIFU)の効果を実感する時期には個人差があり、施術を受けたあと比較的すぐに効果を実感できる方もいますが、多くの場合1ヶ月~3ヶ月経った頃に効果を実感する方が多いようです。

ハイフは、施術後から3ヶ月程かけて新しいコラーゲンが増えることで、リフトアップ効果が期待できるという施術です。そのため、コラーゲンが増えるとともに、ゆっくりと時間をかけて効果が現れてくるのです。

ハイフ効果がいつまで持続するかについても、個人差があります。ハイフの施術後、半年から1年程かけて照射した箇所のたるみが再び進んでいくため、ハイフ効果が持続するのはだいたい半年程と考えて良いでしょう。

ハイフ(HIFU)効果の出やすさを部位別に紹介

ハイフ(HIFU)効果の出やすさを部位別に紹介
ハイフ(HIFU)施術で人気のある部位は、フェイスラインや頬、目元などたるみが出やすい部位が中心ですが、ほかにもハイフはさまざまな部位に施術できます。

ハイフは部位によって効果の出やすさやいつまで持続するのかが変わってくるため、施術を希望する部位ごとに、効果の目安を把握しておくのがおすすめです。

フェイスライン

フェイスラインは、ハイフの効果が高く出やすい部位です。
効果のピークは2~3ヶ月後ですが、施術直後からリフトアップを実感できる方も多く、ハイフ施術ができる部位のなかでも高い人気を誇ります。

効果は半年~1年程持続しますが、たるみは日々進むため、3ヶ月~半年の間に再度施術を行う方が多いでしょう。

ほうれい線付近の頬も、ハイフの効果が出やすい部位です。頬も比較的早く、効果を実感する方が多い傾向にあります。数週間~1ヶ月程で効果を実感できる方が多く、施術から3ヶ月頃には、ほとんどの方がハリのある肌を実感できるでしょう。

少なくとも3ヶ月の間隔を空ければ次の施術が受けられますが、頬の効果も半年~1年程持続するため、再びほうれい線やたるみが気になってきた頃に再度照射する方が多いです。

目元

目元に施術するときは、専用の機種で行うことがほとんどです。目元のたるみやクマに対しては施術したあと比較的早く効果が現れますが、色がくすんでいるクマを改善するためには、数回通う必要があります。

半年程は効果が持続しますが、目元は2~3ヶ月に1回のペースで施術を行う方が多く、色が気になるクマもこのペースで通うことで改善していくでしょう。

顎のハイフ施術は、二重顎の改善や顎下のたるみに効果があります。ハイフの熱で脂肪溶解するため、顎の周りが引き締まっていることを施術後すぐに実感できる方も多いでしょう。

二重顎の改善は、個人差もありますが1ヶ月程で実感できる方が多いようです。
顎への効果も半年~1年は持続しますが、たるみが気になる方は2~3ヶ月の間隔をあけて施術を受けています。

首にハイフ施術をする場合、効果が実感できる方も多いようですが、あまりピンとこないという方も少なくはありません。ただし、ほかの部位と同様すぐには効果を実感できなかった方も、1ヶ月程経った頃に効果を実感することもあるでしょう。

ハイフはある程度の皮下脂肪がなければ施術ができないため、首に皮下脂肪が少ない方は注意が必要です。首の施術を希望する方は、カウンセリングでまず施術できるかを確認するようにしてください。ハイフ効果の持続期間は半年~1年程です。

ハイフ(HIFU)の効果を持続させるコツは?

ハイフ(HIFU)の効果を持続させるコツは?
ハイフ(HIFU)はどの部位でも、基本的には半年~1年効果が持続します。しかし、いずれは元に戻ってしまう方がほとんどです。
ここからは、ハイフの施術後に効果を持続させる方法や、たるみを再び起こさない方法などを紹介します。

医療用を選ぶ

ハイフを受けられる場所としては、エステサロンと美容外科・美容皮膚科などのクリニックがあります。

両方ともスタッフに施術してもらうというのは共通ですが、本来ハイフは医療行為に当たるため、サロンでは照射パワーの低い非医療用のハイフでの施術となります。最近ではある程度の効果が出る機種も増えていますが、威力が低いことから効果の出方や持続する期間は短い傾向にあるようです。

一方、医療用ハイフは照射パワーの高い機種を使うことができ、高い医療技術で施術を行えることから、しっかりとした効果を得られるだけでなく、効果も半年~1年持続します。そのため、ハイフの効果を少しでも長く持続させたい方は、医療用ハイフを選ぶのがおすすめです。

また、最近ではハイフ施術を行うクリニックが増えてきましたが、ハイフの施術には技術が必要です。症例数や実績が多いクリニックから口コミを確認したり、複数のクリニックでカウンセリングを受けて、信頼できる場所を選ぶようにしましょう。

継続して施術を受ける

医療用ハイフは一度の施術でもコラーゲンが新しく増えて活性化するため、施術前よりもたるみがひどくなることはありません。しかし、コラーゲンの再生が完了する3ヶ月後あたりからは少しずつたるみが進行するため、半年以上経つと元に戻ったように感じるのです。

そのため、効果を持続させてたるみの改善した状態をキープするためには、定期的に継続して施術を受ける必要があります。効果が薄れる半年後に施術を受ける方が多いですが、たるみのない肌をキープしたい方は3ヶ月ごとに通うこともあるようです。

ハイフ(HIFU)の効果が続きやすいおすすめのクリニック

ここからは、より効果的にハイフ(HIFU)施術を受けられるおすすめのクリニックを紹介します。

ウィクリニック

ウィクリニック

ウィクリニックは医療脱毛で知られるクリニックですが、ハイフをはじめとした美容皮膚科もある美容クリニックです。銀座・吉祥寺・大宮にそれぞれ1院ずつ構えており、どのクリニックも最寄りの駅から徒歩で通えます。

ウィクリニックのハイフ施術は、クリニック独自で開発した「スーパーハイフ」で行うため、余分なコストを削減し、クオリティの高い施術を低価格で受けられるのが魅力です。

顎下は60,000円、頬とフェイスラインのセットは100,000円、頬・フェイスライン・顎下・フェイスライン下のセットは160,000円で施術ができます。また、期間限定で初回のみ半額で施術を受けられるお試しプランもあるため、お得にハイフを始められるでしょう。

クリスティーナクリニック銀座

クリスティーナクリニック銀座
クリスティーナクリニック銀座は、東京メトロ日比谷線と都営浅草線の東銀座駅から徒歩1分、東京メトロ銀座線と丸ノ内線の銀座駅からは徒歩2分という通いやすい場所にあります。

リフトアップを目的としたハイフ施術を行っており、痛みやダウンタイムがなく、ハリ感のある美肌へ導きながらリフトアップ効果を得られるのが魅力のクリニックです。

価格は顎先~目の下が150,000円、フェイスライン~全顔は210,000円、首~全顔が250,000円ですが、初回のみ通常価格から3万円安い価格で施術できます。

また、顎先~目の下の施術は期間限定特別価格で初回のみ89,800円で受けられるほか、3ヶ月以内に再来店すると30%オフになるクーポンのプレゼントも行っています。実施期間などの詳細は、カウンセリングの際に確認すると安心です。

ハイフ(HIFU)の効果がいつまで続くかは機種によって異なる!

ハイフ(HIFU)の効果がいつまで続くかは機種によって異なる!
ハイフ(HIFU)は1回でも効果を実感しやすい施術ですが、いつまで効果が持続するかは施術に使うハイフ機種によって異なります。

非医療用のハイフ機種を使うサロンでは思う程の効果を得られなかったり、ハイフ効果の持続時間が短かったりするため、しっかりとリフトアップしてハリのある肌になりたいとお考えの方は、医療用のハイフ機種を扱えるクリニックで施術を受けるのがおすすめです。

また、美容クリニックでのハイフ施術は、万が一肌トラブルが起きたときの処置も適切に行われるため、安全性も高いでしょう。
医療ハイフでも効果は半年以上経つと薄れてきます。そのため、持続させたい方は繰り返し施術を受けることも検討するのがおすすめです。

ハイフ(HIFU)について詳しくはこちら

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人

- REPROFILE magazine編集部 の最近の投稿