医療脱毛のローンは学生でも組める?メリットとデメリットとは
医療脱毛

医療脱毛のローンは学生でも組める?メリットとデメリットとは

学生にとって高額の費用がかかる医療脱毛は、医療ローンを組むことで毎月の支払額を抑えることができます。

しかし安定した収入のない学生の場合、実際に医療ローンを申し込んだとしても、審査に通るのか不安に思う方もいるでしょう。また、医療ローンを組むことで何かデメリットになるようなことがないかも気になるところです。

そこで今回は、学生でも医療脱毛のローンが組めるのか、医療ローンの審査基準をはじめ、メリット・デメリットについて紹介します。

医療脱毛は学生でもローンが組める!審査基準とは

医療脱毛は学生でもローンが組める!審査基準とは
医療機関で自由診療など高額になる治療を受けるときには、医療ローンを組めます。
まずは、医療ローンの概要や学生でも医療脱毛するときにローンが組めるのか、審査基準や条件について見ていきましょう。

医療ローンとは

医療ローンとは、一括での支払いが困難な自由診療の施術料金を、分割払いできるようにする制度です。医療ローンという名称からも分かる通り、使途は医療行為にかかる料金の支払いに限られるという特徴があります。

また、ローンを組む際は基本的に金利がかかりますが、医療ローンは一般的なカードローンと比べて低金利な傾向にあります。

クリニックによっては一定回数分の分割手数料はクリニック側が負担するサービスを行っていることもあるため、支払総額も一般のローンに比べると抑えられるでしょう。

医療ローンは頭金を入れることも可能なため、支払総額を抑えたい方はカウンセリングで頭金を入れた場合の支払いプランを確認しましょう。

医療ローンの審査基準とは

医療ローンの審査基準には、以下のようなものがあります。

  • 20歳以上であること
  • 毎月安定した収入があること
  • 信用情報に問題がないこと
  • 基本的には、毎月収入がある成人の方で、過去に借入金やスマホなどの利用料金の支払いに滞納歴や未納歴がなければ、審査に通ることがほとんどです。

    学生が医療ローンを組むための条件

    審査基準のなかで特に学生の方が不安に感じるのは「20歳以上」という年齢や「安定した収入」という条件ではないでしょうか。しかし、審査基準を満たしていない学生であっても、一定の条件を満たせば医療ローンを申請することができます。

    例えば20歳未満の未成年者の場合は、親が保証人になることで、医療ローンの申請が可能です。また、20歳以上の専門学生や大学生の場合、アルバイトで毎月決まった給与を得ている方であれば、安定した収入があると判断されて審査を通る傾向にあります。

    もしも毎月の収入が不安定だったり、収入がなかったりする場合は、親を名義人に立てることで申し込みが可能です。

    いずれにしても、20歳未満の未成年が医療脱毛を契約する場合には親の同意が必要となるため、カウンセリングに同席してもらうか、カウンセリング中に連絡が取れるよう伝えておきましょう。

    学生が医療脱毛のローンを組むメリット・デメリット

    学生が医療脱毛のローンを組むメリット・デメリット
    ここからは、学生が医療ローンを組むメリット・デメリットを紹介していきます。

    学生が医療ローンを組むメリット

    学生が医療ローンを組むメリットとしては、高額の費用がかかる医療脱毛などの医療行為でも、月々の支払額さえ用意できればすぐに受けられるという点にあります。

    医療脱毛の全身脱毛の相場は5回コースで20~25万円程度です。学生が20万円以上のお金を用意しようと思ったら、アルバイトをしてお金を貯めたとしても数ヶ月以上かかるケースが多く、お金が貯まるまでは医療脱毛を始めることができません。

    しかし、医療ローンを組むことで、1回目に支払う金額だけ手元にあれば、今すぐ医療脱毛を始めることができます。

    また、「社会人になったら医療脱毛を始めよう」と考えている方もいるかもしれませんが、学生のうちに医療脱毛を始めることで、学割を適用することができます。

    学割を適用することで5%~30%程も料金が安くなることがあるため、社会人になってからよりも学生のうちに医療脱毛を始めたほうが支払総額はずっと安く抑えられるのです。

    学生が医療ローンを組むデメリット

    学生が医療ローンを組むデメリットとしては、金利手数料がかかる点が挙げられます。
    医療ローンは、一般的なローンに比べれば金利は安いですが、分割回数が増えればその分手数料もかさむため、支払総額は増えてしまいます。

    支払総額を抑えながら月々の支払額を安くしたい場合は、頭金を用意しておき、足りない分だけ医療ローンを組むということも可能です。

    学生におすすめ!学割とローンが併用できる医療脱毛クリニックは?

    学生におすすめ!学割とローンが併用できる医療脱毛クリニックは?
    学生が医療ローンを組んで医療脱毛を始める場合、学割と併用できるクリニックを選ぶと、よりお得に医療脱毛を始めることができます。

    ここからは、医療ローンと学割を併用することで、よりお得に医療脱毛が受けられる学生におすすめのクリニックを紹介します。

    ジェニークリニック

    ジェニークリニック
    ジェニークリニックは全身脱毛を専門に行う女性専用の医療脱毛クリニックです。

    カウンセリングルームや施術室は完全個室で、施術を行う看護師や診察を行う医師もすべて女性のため、異性の目やほかの利用者の目を気にすることなく通えます。

    また、ジェニークリニックは痛みの少ない脱毛機を採用しているため痛みに弱い方でも通いやすいのが特徴です。

    最新式の脱毛機はスピーディーな施術ができるため、1回の施術時間を短縮して1日の予約枠を増やすことができ、人気のクリニックでありながら予約が取りやすいことでも知られています。

    ジェニークリニックの全身医療脱毛の料金は以下の通りです。

    コース名支払い方法料金
    全身脱毛5回コース一括払い220,000円
    医療ローン(分割払い)月々4,900円
    全身脱毛5回コース(VIO付き)一括払い308,000円
    医療ローン(分割払い)月々5,900円
    全身脱毛5回コース(顔付き)一括払い308,000円
    医療ローン(分割払い)月々5,900円
    全身脱毛5回コース(顔・VIO付き)一括払い396,000円
    医療ローン(分割払い)月々6,900円

    医療ローンを組むことで、全身脱毛5回コースが月々4,900円からとなり、学生でも無理なく始めやすい金額になります。また、学割を利用すれば契約料金から、さらに25,000円割引になります。

    また、ジェニークリニックには「親子割」というキャンペーンもあります。親子で一緒に医療脱毛を始める場合は、親子それぞれ契約料金から35,000円が割引されるため、親御さんを誘って一緒に医療脱毛を始めるのもおすすめです。

    リアラクリニック

    リアラクリニック
    リアラクリニックは、名古屋に2院、東京に3院展開している医療脱毛クリニックです。リアラクリニックの学割コースは、医療脱毛の契約内容によって割引率は異なるものの、最大で45,000円の割引を受けることができます。

    ただし、ほかの割引と併用することができないため、ほかの割引コースとも比較したうえで、最もお得な割引コースを選ぶのがおすすめです。
    リアラクリニックの全身医療脱毛の料金は以下の通りです。

    コース名お支払い方法料金
    リアラ式全身脱毛
    5回コース
    一括払い93,500円
    医療ローン(分割払い)月々3,410円
    まるっと全身脱毛
    5回コース
    一括払い141,900円
    医療ローン(分割払い)月々3,520円

    リアラクリニックの全身脱毛は、施術対象となる部位の範囲が限定されています。脱毛を希望する部位が対象となっているかを確認しながら、プランを選びましょう。

    医療脱毛のローンは学生でも組めることを知っておこう

    医療脱毛のローンは学生でも組めることを知っておこう
    学生が医療脱毛を始めるときにネックになるのは、施術料金です。お金を貯めて一括で支払えるのが一番ですが、すぐに施術を受けたいという方は貯金する時間も惜しいと感じるかもしれません。

    医療脱毛は医療ローンを利用でき、医療ローンの審査は学生でも収入が安定している成人の方であれば通りやすい傾向があります。

    医療ローンを利用すれば、20万円以上する全身脱毛が月々5,000円以下で受けられるため、今すぐ施術を始めたいという方でも契約できるでしょう。

    また、未成年の方や無収入の方も、保護者の同意を得て保証人になってもらったり名義人になってもらったりすることで、医療ローンの審査に通る可能性が高いです。

    医療脱毛を受けたいと考えている学生の方は、一度医療ローンを申請してみてはいかがでしょうか。

    医療脱毛は学割が使えるジェニークリニックがおすすめ!

    医療脱毛について詳しい記事はこちら

    医療脱毛のローンは学生でも組める?メリットとデメリットとは
    最新情報をチェックしよう!
    この記事を書いた人

    - REPROFILE magazine編集部 の最近の投稿