家庭用脱毛器は効果ないって本当?効果を高める方法とは
医療脱毛

家庭用脱毛器は効果ないって本当?効果を高める方法とは

自宅で気軽に脱毛ができる家庭用脱毛器ですが、「もしかして効果がない?」と思いながら使っている方もいるのではないでしょうか。

この記事では、実際に家庭用脱毛器を使っている10代から50代までの女性100名に対しアンケート・口コミ調査を行った結果をもとに、家庭用脱毛器の効果はどれくらいあるのかを紹介します。

効果を高める方法も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

家庭用脱毛器で脱毛ができる仕組み

家庭用脱毛器で脱毛ができる仕組み

家庭用脱毛器には、フラッシュ(光)式、レーザー式、サーミコン(熱線式)、ローラー式、超音波式など種類が多くあります。

一般的な家庭用脱毛器とされているのが、フラッシュ(光)式とレーザー式で、どちらも毛のメラニン色素に光やレーザーを当てて、毛根にダメージを与えることでムダ毛を生えにくくするという仕組みになっています。

ただし、家庭用脱毛器は、医療脱毛エステ脱毛で使われる脱毛器と比べると照射出力が弱いため、毛根にある発毛組織を破壊できず、ダメージを与えるのみとなります。

そのため定期的に使用することでムダ毛処理の頻度を減らすことができるという脱毛方法です。

また、サーミコン(熱線式)の家庭用脱毛器は熱線の熱でムダ毛をカットし、ローラー式は毛を挟んで毛根から抜き取り、超音波式は毛に高周波を流して毛根を熱処理する仕組みになっています。

家庭用脱毛器の効果はない?

家庭用脱毛器の効果はない?

家庭用脱毛器には、抑毛・減毛効果が期待できますが、実際にどれくらいの効果があるのでしょうか。

家庭用脱毛器を実際に利用している10代から50代の女性100名を対象としたアンケート調査
に対して得られた回答は、次の通りです。

2ヶ月使用して、生えてくるスピードが遅くなっていることを実感した

毛が細くなったのか、ピンセットでつまむと簡単にスルッと抜けるようになった

3ヶ月を過ぎて少し抜ける毛が増えてきたと思い始めました

今年で3年目になりますが脇はほぼ生えてこなくなり、ケアがかなり楽です

使い始めて3回目くらいで効果を感じはじめ、3ヶ月くらい使用したらだいぶ薄くなったと感じました

1回脱毛すればしばらく生えてこないが、毛根が残ってる場所は生えてくることがあります

家庭用脱毛器を実際に使用している方の多くが効果を実感していることが分かります。

しかし、医療脱毛のように永久脱毛ができるわけではないため、年単位で使い続けたとしてもムダ毛が完全に生えてこなくなることはなく、使うのをやめると再び毛が生えてきてしまいます。

調査概要

調査主体者

REPROFILEマガジン

調査の目的

家庭用脱毛器に関する利用効果を調査するため

調査の方法

インターネットでのアンケート調査

対象者

10代~50代の女性、実際に家庭用脱毛機を利用している方

有効回答

100名

調査機関

2021年08月27日~2021年09月10日

家庭用脱毛器の効果を高める方法

家庭用脱毛器の効果を高める方法

ここからは、家庭用脱毛器の効果を高める方法を紹介します。

メーカー推奨の使用頻度を守る

家庭用脱毛器を販売しているメーカーは、基本的に1~2週間おきに使用することを推奨しています。

そもそも家庭用脱毛器は、ムダ毛が生え変わる成長期にしか効果を発揮しないため、毎日使用しても意味がありません。

家庭用脱毛器の効果を高めるには、メーカー推奨頻度に従って1~2週間に1回使用し、ムダ毛の量が減ってきたら頻度も少しずつ減らし、ムダ毛が気になったらその都度お手入れするようにすると良いでしょう。

使用頻度が高いと効果が出やすいということではないため、使用頻度を守って肌を労わりながら使うようにしましょう。

しっかりと保湿をする

家庭用脱毛器を使用したあとは、必ずしっかりと保湿をしましょう。

脱毛器を使用した後の肌は熱を持っているため、そのまま放置すると乾燥したり、肌トラブルが起きたりします。

肌トラブルが生じた場合、家庭用脱毛器の使用を控えたほうが良いため、適切な頻度で使用して家庭用脱毛器の効果を高めるためにも、しっかりと保湿するようにしましょう。

使用する前日はムダ毛を処理する

家庭用脱毛器は、光や熱を加えることで毛根にダメージを与える仕組みの脱毛方法です。

そのため、ムダ毛が長い状態で熱を加えると、熱を帯びた毛先が肌に触れることで、火傷をしてしまう可能性があるのです。

火傷をしてしまうと家庭用脱毛器が使えなくなってしまうため、使用する前日に電気シェーバーなどを使ってムダ毛の自己処理を行い、毛を短くカットしておきましょう。

ただし、毛抜きを使ってしまうと家庭用脱毛器の効果が弱まってしまうため、自己処理では毛抜きを使わないように注意しましょう。

顔に使用するときはメイクを落とす

家庭用脱毛器を顔に使用する場合は、メイクをしっかりと落としてから行いましょう。

メイクをしたまま家庭用脱毛器を使用すると、しっかりと毛根まで光やレーザーが届かなくなってしまい、照射漏れが起きてしまうことがあります。

また、肌トラブルを起こしやすくなるため、効果だけでなく衛生的にもメイクは必ず落としてから使用するようにしてください。

日焼けはしないようにする

家庭用脱毛器はメラニン色素に反応させる仕組みの製品が多いことから、日焼けにも注意が必要です。

日焼けした肌は、光やレーザーが反応してしまい、毛根に適切なダメージを与えることができないだけではなく、火傷をしてしまう可能性があります。

家庭用脱毛器を効果的に使用するためにも、日焼けをしないように気を付けましょう。

家庭用脱毛器=効果ないは嘘!永久脱毛できないことに注意

家庭用脱毛器=効果ないは嘘!永久脱毛できないことに注意

家庭用脱毛器=効果がないということではありません。

家庭用脱毛器も使い続けることによって、ムダ毛の生えるスピードが遅くなったり、量が少なくなったりと抑毛・減毛効果を発揮してくれます。

しかし、家庭用脱毛器は完全に毛を生えない状態にする効果は持ち合わせていません。

家庭用脱毛器は使用をやめてしまうと、またムダ毛が生えてきてしまうため、完全にムダ毛をなくしたいと考えている方にとっては、「効果がない」と感じてしまうでしょう。

永久脱毛するには、毛根にある発毛組織を破壊するために、出力の高い医療用レーザーが必要です。

医療用レーザーは医療従事者にしか扱うことができないため、永久脱毛をするなら家庭用脱毛器ではなく医療脱毛を行うのがおすすめです。

永久脱毛するなら家庭用脱毛器より医療脱毛がおすすめ

永久脱毛するなら家庭用脱毛器より医療脱毛がおすすめ

家庭用脱毛器は、決して効果がないわけではありませんが定期的に使用をしなければ元の状態に戻ってしまいます。

ムダ毛の生えない肌にしたいと考えているのであれば、家庭用脱毛器ではなく、永久脱毛ができる医療脱毛がおすすめです。

医療脱毛は脱毛効果の高い医療レーザーを使用して脱毛するだけではなく、医師による診察や薬の処方も行ってもらえるため、万が一肌トラブルを生じた場合も安心して施術を受けることができます。

自己処理の頻度を減らしたい場合や毛量を少なくしたい場合は、自宅で手軽に使用できる家庭用脱毛器を選び、永久脱毛をしたいなら医療脱毛を選ぶなど、自分の目的に合った方法を選ぶようにしましょう。

医療脱毛するなら痛みの少ないジェニ―クリニックがおすすめ!

医療脱毛について詳しい記事はこちら

家庭用脱毛器は効果ないって本当?効果を高める方法とは
最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人

- REPROFILE magazine編集部 の最近の投稿