リゼクリニック

リゼクリニックの医療脱毛機は3種類!機械の種類は選べるの?

医療脱毛クリニックでは、扱う機械の種類によって痛みや施術にかかる時間などが異なります。

医療脱毛専門のリゼクリニックでは各院に3種類の医療脱毛機が完備されていますが、それぞれの機械にどのような特徴があるのでしょうか。

この記事では、リゼクリニックの3種類の医療脱毛機の特徴をまとめて紹介します。

リゼクリニックとは?

リゼクリニックは、メディアに取り上げられる機会も多い人気の脱毛クリニックです。

全国23院展開しており、一部店舗を除けば契約した院以外で施術予約をすることもできます。

全身脱毛コースの有効期限が5年間と長く設定されており、自分のペースで通うことができる点も魅力です。

また、初診料や再診料、シェービング料や打ち漏れの再照射は無料で対応してもらうことができ、万が一、肌トラブルが起きた場合も治療費や薬代はかかりません。

脱毛コース料金以外に追加費用がかからない明確な料金システムなので、安心して契約することができます。

リゼクリニックの医師と女性スタッフによる無料カウンセリングは、WEBからも予約が可能です。

リゼクリニックで使える3種類の医療脱毛機の特徴

リゼクリニックで使える3種類の医療脱毛機の特徴

続いては、リゼクリニックで使われている3種類の医療脱毛機の特徴を紹介しましょう。

メディオスターNeXT PRO

リゼクリニックで使われているメディオスターNeXT PROは、蓄熱式ダイオードレーザーで、痛みが少ないのが特徴です。

バルジ領域と呼ばれる毛の幹細胞を作る場所をターゲットにレーザーを照射し、痛みだけでなく肌へのダメージも最小限に抑えることが可能です。

ライトシェアデュエット

リゼクリニックで使われているライトシェアデュエットは、熱破壊式ダイオードレーザーで、産毛に効果があります。

HSやETの2つのハンドピースを使って照射を行います。

2つのハンドピースは照射面積が異なっており、HSは背中や太ももなどの照射面積が広い部位に適しています。

一方、ETは照射口が狭く、顔などの凹凸がある細かな部位に適しています。

ジェントルヤグプロ

リゼクリニックで使われる医療脱毛機の中でもっとも波長が長いのが、ジェントルヤグプロです。

ジェントルヤグプロは熱破壊式ヤグレーザー脱毛機で、太い毛や濃い毛にも脱毛効果があります。また、色黒な方にも照射可能です。

リゼクリニックで使われるの3つの脱毛機がどのような方におすすめなのか、特徴を以下の表にまとめてみました。

脱毛機の種類メディオスター NeXT PROライトシェアデュエットジェントルヤグプロ
おすすめのタイプ脱毛時の痛みに弱い
敏感肌
アトピー肌
背中の産毛を処理したい
顔脱毛したい
太い毛を処理したい
色黒な肌

リゼクリニックは医療脱毛機の種類を選べる?

リゼクリニックは医療脱毛機の種類を選べる?

リゼクリニックでは、医療脱毛機の種類を指定して施術予約をすることはできません。

脱毛機の種類については、施術を担当する看護師が毛質や肌質に合った機械を選ぶことになっています。

医療脱毛の施術時に脱毛機についても説明をしてもらえるので、不明点があれば気軽に質問しましょう。

リゼクリニックの医療脱毛機に関する疑問

リゼクリニックの医療脱毛機に関する疑問

続いては、リゼクリニックの医療脱毛機についての疑問点をいくつか紹介します。

全身脱毛にかかる時間はどれくらい?

リゼクリニックの医療脱毛では、部位の毛質に合わせて機械を使い分けており、全身脱毛の場合は、施術時間が約120分になります。

その他、VIOや顔の場合はそれぞれ約30分の施術時間です。

脱毛の施術時にジェルは使う?

リゼクリニックでは、脱毛機によって、照射する際に冷却ジェルを使用します。

冷たいと感じる場合には部屋の温度を高くするなど配慮をしてもらえるので、担当する看護師に伝えてみましょう。

医療脱毛の痛みはある?

リゼクリニックの医療脱毛では痛みが少ない機械も採用していますが、部位によっては違う脱毛機での照射が必要な場合もあります。

また、痛みが少ないといわれる脱毛機であっても痛いと感じる方もいます。

リゼクリニックでは、痛みを我慢できないと感じる場合には麻酔を使用してもらうことも可能です。

麻酔にはクリームと笑気麻酔の2種類があり、いずれも1回あたり3,000円(税抜)の費用がかかります。

白髪があっても脱毛できる?

リゼクリニックでは、白髪があっても医療脱毛をすることはできます。

ただし、白髪に対する脱毛効果は得られません。

日焼けした肌でも施術はできる?

リゼクリニックでは、日焼けした肌や色黒な肌であっても施術は可能です。

ただし、日焼け直後の炎症を起こした肌にはレーザーを照射することはできません。

脱毛の施術を受けている期間中は、できる限り日焼けしないように日焼け止めクリームなどを塗って対策をしましょう。

アレルギーがあってもレーザー脱毛できる?

日光を浴びたときに赤みや炎症が出やすい方は、レーザー照射によって赤みが強く出てしまう可能性があります。

そのため、無料カウンセリング時に医師がテスト照射を行い、肌の反応を確かめてから慎重に施術を進めていく必要があります。

また、金属アレルギーをお持ちの方も、機械の先端部分に対してアレルギー反応が起きてしまう可能性があるので、無料カウンセリングの際に相談してから施術を受けましょう。

エステ脱毛と医療脱毛は何が違うの?

エステ脱毛と医療レーザー脱毛は、得られる効果が異なります。

医療脱毛で使用する脱毛機は、エステで使われているものよりも照射パワーが強く、その分高い効果が期待できます。

医療機関では、強いパワーで照射できる医療用のレーザー脱毛機を使用することができるため、少ない回数でも脱毛効果を得ることができるのです。

また、万が一、肌トラブルが起きた場合にも、エステでは治療行為を行うことができません。

医療機関である医療脱毛クリニックには医師が常駐していますので、万が一、レーザー照射によって肌トラブルが起きた場合にもすぐに対応することができます。

妊娠中や授乳期間中でも脱毛できる?

妊娠中でも医療レーザーの照射は母子の健康状態に影響はないとされています。

しかし、肌トラブルが起きた場合に薬を処方することができないため、リゼクリニックでは妊娠中の施術を行っていません。

また、出産後はホルモンバランスの状態が不安定で、脱毛効果が得られない可能性があることから、授乳期間を終えてからレーザー照射を行っています。

リゼクリニックの全身脱毛プランは有効期限が5年間と長めに設定されていますので、妊娠中や授乳中は避けて通うと良いでしょう。

リゼクリニックは脱毛機の種類が豊富!無料カウンセリングを予約しよう

リゼクリニックは脱毛機の種類が豊富!無料カウンセリングを予約しよう

リゼクリニックでは、患者の肌質や毛質、さらには照射部位に合わせて3種類の医療脱毛機を使い分けています。

それぞれ特徴の異なる機械を使い分けることで、より高い脱毛効果を期待することができるのです。

また、リゼクリニックでは必ず医師と女性スタッフが2名体制で担当する無料カウンセリングを実施しています。

敏感肌でも施術はうけることができるかや薬を服用しているが施術は受けられるのかなど医療脱毛について不安なことがある場合には、カウンセリングで気軽に相談してみましょう。

もちろん、無料カウンセリングを受けたからといった必ず契約しなければならないわけではありません。

リゼクリニックと他の医療脱毛クリニックとを比較検討したいという方も、WEBから無料カウンセリングを予約してみてはいかがでしょうか。

リゼクリニックについて詳しくはこちら

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人

- REPROFILE magazine編集部 の最近の投稿